渡辺 徹 -男の肖像時計の選択(パワーウオッチVol.48)

フランク・ミュラーのなかでも屈指の存在感を放つ、コンキスタドール コルテス キング。「コンキスタドール(征服者)という名前よりも、サイズの『キング』のほうに惚れた(笑)」と渡辺さん

 

東京・新宿区にある新劇の名門、文学座。渡辺徹さんはここで、俳優としての第一歩を踏み出し、現在も芝居を続けている。

「やっぱり文学座は僕の原点です。故郷のような場所なんですよ。もう30年ぐらい所属していますけど、今でもここに来ると緊張します。稽古のときから、先輩・後輩問わず、ガンガン言われますから。このぐらいの年齢になってくると、ほかにそういう場所ってあんまりないんですよ。昔はドラマや映画の現場でもダメ出しされてたのに、今は誰からも怒られない。バラエティに出演しても、せいぜい苦笑いされるぐらいで(笑)。でも、劇団に来ると普通に怒られる。そうすると、自分は今、何ができるようになっていて、何がまだできないのかが、あらためてよくわかるんですよ」

『やっぱり文学座は僕の原点です。故郷のような場所なんですよ。もう30年ぐらい所属していますけど、今でもここに来ると緊張します』

普段あまり表には見せない新劇俳優としてのこだわり。そこには腕時計への愛着と共通する感覚があると、渡辺さんは言う。

「どちらも僕にとっては、保険のようなものなんです。新劇俳優としての自分がいるから、ほかでバカなことができると僕は思っているんです。もし劇団を辞めたら、イメージを考えて、やらなくなっちゃうんじゃないかな。腕時計にも同じようなことが言えて、自分で納得のいくものを身につけているからこそ、ほかでムリにカッコつけなくて済む。笑われちゃいけない、バカにされちゃいけないと肩肘を張らないでいられる。バカでいられる男って、ステキじゃないですか。芝居や腕時計っていうのは、それを保つためのバランスなんです」

世の中のステキなものには2種類あると思うんです。1つは誰がしてもステキなもの。
もう1つは、誰かしか似合わないもの。で、僕はなるべく後者を選んでいきたい---

そんな渡辺さんが愛用しているのは、フランク・ミュラーのコンキスタドール コルテス。大柄な体格にピッタリのキング・サイズである。

「世の中のステキなものには2種類あると思うんです。1つは誰がしてもステキなもの。もう1つは、誰かしか似合わないもの。で、僕はなるべく後者を選んでいきたい。このモデルを始めて見たとき、もうフィーリングで、これはたぶん誰もが似合うような腕時計じゃないだろうと。その場で即決してました」

つい衝動買いしてしまう癖があるという渡辺さん。家族を困惑させることも珍しくないとか。

「5年前の話ですけど、女房と散歩してる途中に土地を衝動買いしたことがあります(笑)。ほかにも新婚旅行で800万円のピアジェの腕時計を買ったこともありましたね。うちの家族は、もうあきらめてるみたいですよ。女房曰く『衝動買いのケタが違うんで、驚き過ぎてリアクションできない』らしいです」

買い物のスケールも人一倍、大きいようだ。

 

渡辺 徹俳優)
TORU WATANABE 1961年5月12日生まれ。茨城県出身。1980年、文学座演劇研究所に合格。1981年、ドラマ『太陽にほえろ!』のラガー刑事役として注目を集める。1987年、タレントの榊原郁恵と結婚。俳優、歌手、タレント、司会……と、マルチな才能を発揮する存在として、常に安定した人気を誇る。2009年10月27日~11月23日まで、舞台『ヘンリー六世』(東京・新国立劇場)にヨーク公役として出演。三部9時間に及ぶ大作のなかで、熱い役者魂を見せる。

関連記事

  1. 田中 要次 -男の肖像時計の選択(パワーウオッチVol.52-2)

  2. 光石 研 -男の肖像時計の選択(パワーウオッチVol.42)

  3. 蛭子 能収 -男の肖像時計の選択(パワーウオッチVol.64)

  4. 真木 蔵人 -男の肖像時計の選択(パワーウオッチVol.27-2)

  5. 笑福亭 笑瓶 -男の肖像時計の選択(パワーウオッチVol.50)

  6. 田崎 真也-男の肖像時計の選択(パワーウオッチVol.18-2)

  7. 遠藤 憲一 -男の肖像時計の選択(パワーウオッチVol.51)

  8. 加藤 茶 -男の肖像時計の選択(パワーウオッチVol.49)

ロレックス

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計