何でこんなに高騰!


Oyster Perpetual Sea-Dweller


ロレックスのスポーツモデルが高騰!


ご存じの方も多いかもしれませんが、ロレックスのスポーツモデルの実勢価格が9月頃からさらに高騰していますよね。


このスポーツモデルの上昇は2016年10月頃から急激に始まったのですが、それからずっと上昇傾向にありました。それがここにきてさらに急激な上昇をみせたのです。今年、流通量が減った時期があったようで、その要因についてはいろいろと言われていますがね(笑)。


SUB
●POWER Watch WEB「週間ロレックス相場」より。


では、どれほど上昇しているのか。スポーツモデルのなかでもいちばん高騰したサブマリーナデイトの推移が上のグラフです。一時下がって今年4月に90万円をつけたものの、それを底値に一転また急上昇。これが9月に入りさらに上昇し、現在110万円前後と半年で約20万円も高騰してしまいました。集計をはじめた5年ほど前に比べると何と倍ですからねぇ〜! そして国内定価は税込87万4800円。なんとも頭の痛いことであります。


ちなみに現在の並行市場ではロレックスのスポーツ系スチールモデルのほとんどが定価以上(ミルガウスの黒文字盤は若干定価を下回るかも)。しかも5〜10万円ぐらいの変動は覚悟しないと買えない状況と言えるでしょう。例年通りだとすると12月に向けて今後さらに上がることも。。。。。


他のスポーツモデルの値動きについてはコチラを!

20170622_155153b

●2017年バーゼルワールドで発表された新生シードゥエラー、Ref.126600。


さて話しは変わり、7月とだいぶ前の話しになりますが、今年リニューアル登場を果たしたシードゥエラー(Ref.126600)の実機を拝見させていただきました。手首の細い僕には大きすぎて似合いませんが、作り自体はなかなか魅力的だと感じました。なかでも文字盤が現行スポーツモデルでは初(たぶん)となるグロス仕上げ。光沢感(かつてのミラーダイアルを意識したんでしょうか…w)があるため洗練された印象を受けます。

20170622_161353b

43mm径と旧シードよりも3mm大振り。しかし何なんでしょうねぇ〜。手首が細い僕でも、ロレックスはなぜか着けた感じがしっくりくるんですよ。ただ、厚みもあり、ベゼルも太目なので存在感はかなりある。ビジネスシーンはさすがに無理かと。。。 ちなみに国内定価116万6400円に対して実勢価格は160万円前後でございます。

PW95_H01_web

詳しくは7月に発売したPOWER Watch 9月号(No.95)で、7ページにわたって紹介しています(もう書店にはないですが)。よかったらコチラも見てみてくださいませ。


紙版(Fujisanマガジンサービス

<ahref=”https://www.fujisan.co.jp/product/1281682126/b/1523209/”>https://www.fujisan.co.jp/product/1281682126/b/1523209/

デジタル版

http://cs-factory.com/?page_id=1893

kikuchiのいまどきの腕時計考

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」、近年では女性向けウオッチマガジン「ワッタイム」と、時計関連の雑誌を次々に生み出す。最近はアンティークウオッチのテイストを再現した時計、SHC(ゾンネ・ヒストリカルコレクション)の企画・監修も行っている。

 

関連記事

  1. なんと世界でたった1本!

  2. ウオッチミュージアム・ヴォガにやっとお邪魔できた。

  3. 木下ほうかさんが登場してくれた。

  4. これはなんでしょう?

  5. コンビニの話しで大盛り上がり!

  6. 【回想】世界遺産、ベルンの時計塔と桜

  7. 関根勤さんの番組に出させていただいた

  8. いよいよ今週土曜日(4/29)オープン

ロレックス

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計