モリッツ・グロスマンがレッド・ドット・デザイン賞を受賞


bnr_Watchtopics_20180417a

 

 

 60年以上にわたってドイツ、エッセンのノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンターが主催する国際的なプロダクトデザインコンペティション”レッド・ドット・デザイン賞”。卓越したデザインと認められた製品だけが選出され、デザインの革新性や機能性、人間工学、エコロジー、耐久性など9つの基準から審査されて受賞作品が決定するが、いまや最も規模が大きくかつ最も権威あるデザイン賞のひとつとして知られており、その受賞作品は世界中の注目を浴びている。
 2018年は、59カ国、48のカテゴリーで6000以上ものエントリーがあったが、その厳正なる審査を乗り越え、モリッツ・グロスマンがエントリーしたベヌー・トゥールビヨンとアトゥム・エナメルの2モデルが見事受賞を果たした。
モリッツ・グロスマンは、古典設計を踏襲したムーヴメントや針の造形など、特にその“作り”の部分で時計愛好家を中心に評価されてきたブランドだが、今回のレッド・ドット・デザイン賞受賞によって、時計の作りの良さだけでなく、その優れたデザイン性も世界的に認められたことになる。

bnr_Watchtopics_20180417b

<アトゥム・エナメル>
フラッグシップモデルのアトゥムをベースに、スイスの著名な文字盤サプライヤー、ドンツェ・カドランが手がけたエナメル文字盤を使用。手仕上げのランセット型針は削ることで生み出される高い品質を映す。伝統的なクラフトマンシップと最新技術が融合した優れた1本。

 

【問い合わせ】
モリッツ・グロスマン ブティック
☎ 03-5615-8185
https://www.grossmann-uhren.com

 



関連記事

  1. ヴィンテージ時計からインスパイアされた、“ヘリテージクロノグラフ”に注…

  2. ロンドンアトリエだけの“セミオーダー”を日本で開催!

  3. SIHH2019新作時計レポート【vol.00】 久しぶりのジュネーブ…

  4. “桜”をイメージした、BERING(ベーリング)の数量限定モデル

  5. 日本初上陸、火星と月を文字盤で再現した個性派の腕時計に注目!

  6. GERMAN WATCH.jpサイトプレオープンのお知らせ

  7. 日本を代表するパルクールとヘディスの2選手をZIIIRO(ジーロ)がサ…

  8. 30周年を迎えたプロマスターから、モンベルとのコラボモデル第三弾が登場…

ロレックス

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計