独創的な操作構造を持つモノブロックシリーズの限定モデル

モノブロック・アクチュエーター クロノタイマー フライバック

 

プッシュボタンを排した、クロノグラフ操作の新機軸

2017年、プッシュボタンをなくしてしまうという斬新なアプローチによって、クロノグラフの操作に⾰新をもたらしたモノブロック・アクチュエーターを生み出し、改めてその存在感を示したポルシェデザイン。
18年のバーゼルワールドではこのモノブロック・アクチュエーターシリーズに、フライバック付きのリミテッドモデルが発表された。

ここで改めて同シリーズに採用された斬新なクロノグラフ操作機構を説明しておきたい。
“圧⼒動作式ロッカー・システム”と呼ばれるこの独自機構は、“ポルシェ 911 RSR”のエンジンに使用されている高速回転域製造の機械式バルブ機構から着想を得たもので、クロノグラフの操作機構をケースと一体化させることでプッシュボタンの排除に成功している。
では、どうやってクロノグラフのスタート/ストップを行うかというと、ケースの1時方向ならびに5時方向に溝があるのがおわかりになるだろう。この部分がスライド式となっているのである。操作は通常のプッシュボタン式と同様で、1時方向を押し込むとスタート/ストップ、5時方向を押し込むとリセットする仕組み。またしっかりと10気圧防水が確保されているため、水中での動作も可能だ。

ポルシェ 911 RSRのエンジンのバルブ機構

ポルシェ 911 RSRのエンジンに使用されている高速回転域製造の機械式バルブ機構

 

モノブロック・アクチュエーターに
搭載されるハイテク・エンジン

この革新的なクロノグラフモデルに搭載されるエンジン、つまりムーヴメントは、17年に導入されたCal.Werk 01.200で、COSC証明書により優れた精度が証明されたフライバック・クロノグラフ機能を備える。タングステン製のローターやブリッジはオープンワーク仕様で、ポルシェの軽量構造哲学を実現するとともにフライバック機構と輪列をクリアに⾒せている点も特徴である。

モノブロック・アクチュエーター クロノタイマー フライバックの裏

Cal.Werk 01.200を搭載

ブラック・チタニウム・カーバイト・コーティングにより耐久性が高められたチタニウム製ケースに、カーボン製文字盤を組み合わせ、スポーティな雰囲気が強調されたこのリミテッドモデルでは、さらに新たに開発されたラバーストラップにも注目したい。これは911 RSRの内装でも使⽤されている素材で、⾼い横加速度でも安全なホールドを保証するとともに、ラバー裏側のレーザー・フレックス構造により、優れた快適性が実現されている。

なお、このモデルはPorsche 911 RSRのホイールベースが251cmであることにちなみ、251本限定で生産される。

INFORMATION


ブランド名 PORSCHE DESIGN/ポルシェデザイン
モデル名 モノブロック・アクチュエーター クロノタイマー フライバック リミテッドエディション
ケース素材 チタン(ブラック・カーバイド・コーティング)
ベルト素材 ラバー
サイズ 45.5㎜(15.6㎜厚)
防水性 10気圧防水
ムーヴメント 自動巻き(Cal.Werk 01.200)
税込み価格 129万6000円(世界限定251本/予価/2018年9月発売予定)
モノブロック・アクチュエーター クロノタイマー フライバックの正面

 

問い合わせ:ノーブルスタイリング TEL.03-6277-1600 noblestyling.com

関連記事

  1. ヨルク・シャウアー氏がスピンドル新丸ビル店に来日!

  2. 三越ワールドウオッチフェア 開催中!

  3. 見どころが満載! クドケの自社ムーヴ

  4. ジンから秋の新作情報(2モデル)が到着

  5. PEQUIGNET MANUFACTURE HEADLINE NEWS…

  6. ロシア空軍でも使用していたアビエイターの「MIG-29」本格上陸

  7. ツェッペリンの新作は“LZ120”がモチーフ

  8. GERMAN WATCH.jpサイトプレオープンのお知らせ

ロレックス

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計