ヨルク・シャウアー氏の来日が決定!

ヨルク・シャウアー

 

ウオッチビルダーに直接会える

“ハンドメイドは自分のアイデンティティである”という確固たる信念のもと立ち上げた自らのブランド“シャウアー”。
そして、長らく休眠状態にあった老舗ブランドを復活させ、過去のモデルをベースにデザインを再構築したラインナップを展開する“ストーヴァ“の2ブランドでオーナー兼デザイナーを務めるヨルク・シャウアー氏が、6月8日(金)・9日(土)に来日することが決定した。

今回の来日では、完成したばかりのストーヴァの新作お披露目に加え、東京の新丸ビル4階の時計店スピンドルでお客様をお迎えするというスペシャルな企画も予定。さらに同店でシャウアーまたはストーヴァの腕時計の購入者にはプレゼントも用意されているという。

だが、一方でファンにとって残念なお知らせもある。なんとシャウアーの既存モデルの生産終了が決定したとのことである。今回の来日に合わせ、Edition 10、Edition 12、Klineといった代表作が限定数用意されるとのことだ。

Kline

Kline(レザーベルト仕様/23万7600円)、Kline(ミラネーゼブレス仕様/27万円)、各5点の限定

シャウアー氏本人と直接触れあえ、そしてシャウアーブランドの時計を入れられる最後のチャンスとなるかもしれない、この機会をぜひ見逃さないでほしい。

<SCHAUER>(シャウアー)
1990年、ヨルク・シャウアー氏がオーダーメイドの時計工房としてスタート。自らを“ウォッチビルダー”と称し、彫金の技術を生かしハンドメイドにこだわって、製造工程の多くを手作業で行なっている。そうして生み出される腕時計は一見シャープなように見えて肌理の細かい、温かみのある質感が特徴である。

<STOWA>(ストーヴァ)
1927年ドイツ・フォルツハイムに創業。第2次世界大戦時にはラコやA.ランゲ&ゾーネなどとともに、旧ドイツ空軍にパイロット用ウオッチを納入していた老舗時計ブランド。70年代以降長らく休眠状態となっていたが、ヨルク・シャウアー氏がブランドを買収。8年の研究の末、2004年に販売を再開した。

 

■日時/2018年6月8日(金)・9日(土)
※シャウアー氏の滞在時間は公式ホームページにてお知らせします。■場所/スピンドル新丸ビル店
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング4F
TEL.03-3211-5117

スピンドル新丸ビル店

 

問い合わせ:チックタック http://www.tictac-web.com/news/detail/?nid=390

関連記事

  1. 見どころが満載! クドケの自社ムーヴ

  2. モリッツ・グロスマン創立10周年記念モデル

  3. ラング&ハイネ初の角形、ゲオルク

  4. A.ランゲ&ゾーネ本社CEO ヴィルヘルム・シュミット氏インタビュー

  5. バーゼルワールド2018<シャウボーグ②>

  6. クラシックブルーをまとったジンの500本限定

  7. ヨルク・シャウアー氏がスピンドル新丸ビル店に来日!

  8. 日本未上陸の傑作ドイツ時計<C.H.ヴォルフ>

ロレックス

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計