アワード受賞者にランゲの特別モデルを贈呈

1958年製のフェラーリ335スポーツ
2018年の“ベスト・オブ・ショー”に輝いた1958年製のフェラーリ335スポーツ

 

世界中のファンが注目する
クラッシックカーの祭典

毎年5月にイタリアのコモ湖畔にて開催されているクラシックカーの祭典“コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ”。

コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ

コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステへの参加者50人がヴィラ・デステ庭園で芸術品ともいえる4輪車を披露した

このなかでも最も優美なクラシックカーに与えられる称号が“ベスト・オブ・ショー”だ。2018年、この栄冠に輝いたのは、1958年製のフェラーリ335スポーツであった。

2012年以来、この名高いクラシックカー・コンテストに協賛しているドイツ時計ブランドのA.ランゲ&ゾーネでは、アワード受賞者に、この賞のために特別に製作したランゲ1・タイムゾーン”コモ・エディション”を贈呈。

授与式にて

授与式にて:ランゲCEOヴィルヘルム・シュミット(左から2人目)、受賞者のフリーデリケ・ルベシュ-モーリンガー夫人(左)とアンドレアス・モーリンガー氏(中央)、BMWグループ・クラシックを統括するウルリッヒ・クニープス氏(右から2人目)、デザイナーのロレンツォ・ラマチオッティ氏(右)

同社CEOのヴィルヘルム・シュミット氏は、「自動車と時計は、昔からその技術面での価値を超える価値を有しています。一つひとつの発明、一つひとつのデザインは、それに携わった人々の情熱の所産です。1台の自動車あるいは1本の腕時計には、乗る人あるいは身に付ける人の審美観が反映されるものです。そう考えますと、希少な時計以上に、最も美しい自動車を表彰するのにふさわしいものがあるでしょうか? ランゲ1・タイムゾーン”コモ・エディション”は、授賞ご夫妻がこの自動車のマスターピースを維持するために費やした時間と労苦に対する、私たちの賞賛の気持ちです」と非凡なる自動車と時計のコレクターの共通点に言及しつつ、受賞者を祝福した。

ランゲ1・タイムゾーン

アワード受賞者に贈呈されたランゲ1・タイムゾーン”コモ・エディション”。通常、回転式24都市リングでは、中央ヨーロッパ時間帯の代表都市として“BERLIN”を示してるのに対して、特別モデルではコンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステの開催地への敬意を表し“COMO”の文字が刻まれる

ランゲ1・タイムゾーン

裏ブタには手彫りのコンコルソ・エンブレムも刻印されている

問い合わせ:A.ランゲ&ゾーネ TEL.03-4461-8080
www.alange-soehne.com/ja

関連記事

  1. DKSHジャパンがスイスの高級時計ブランド、スピーク・マリンの取扱いを…

  2. ベヌーとアトゥムシリーズに加わった小径版

  3. クラシックブルーをまとったジンの500本限定

  4. 本物の蝶の羽を文字盤にセットした腕時計に 新デザインのケースを採用した…

  5. マックス・ビルの2018年限定が登場

  6. 西日本初となるノモスのコンセプトコーナーがオープン

  7. A.ランゲ&ゾーネ 2019年新作速報!

  8. ジンからダマスカス模様の特殊鋼を採用したユニークピースが登場

ロレックス

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計