ドイツ時計の魅力を再考する<モリッツ・グロスマン>

テフヌート

テフヌート

美しいディテールを持つ2針ウオッチ。径が大きく厚みのあるモデルが多いコレクションのなかでは珍しく8.5㎜とケースは比較的薄型。写真のシルバー文字盤のRGモデルのほか、ダークグレー文字盤のWGモデルもラインナップされている。
■Ref.MG-000432。RG(39㎜)。3気圧防水。手巻き(Cal.102.0)。302万4000円

 

MORITZ GROSSMANN

モリッツ・グロスマン

 

小径/薄型ムーヴメントを搭載した2針の傑作


2015年に発表されたテフヌートは、モリッツ・グロスマン初となる小径・薄型ムーヴメントを搭載した2針ウオッチコレクションである。現在ではスチール仕様となったテフヌート・ピュアや16年発表のテヌフート36など、ファミリーを拡大しているが、当初はメンズのテフヌートで2タイプ、レディースのテフヌート・レディーで4タイプが発表された。

シルバー無垢のシックな文字盤に、腕に沿うスリムなケース、そして洗練された印象を強調するシャープなリーフ針など、丁寧に作り込まれたディテールは、繊細と言うより、気品の高さを強く印象付ける。

テフヌートの針とケースサイド

機能はシンプルだが、ディテールは非常に凝っている。針はテフヌートのための新規設計で、先端まで細く研ぎ澄まされた繊細なリーフ針。ケースも薄いムーヴメントに併せたスリムなシルエット

搭載しているCal.102.0は、発表時点までで最も小さく薄いムーヴメントであったが、質量ネジ、調整ネジ付きの耐震グロスマン製テンプ、テンプ受け左の四角いネジを回すことでボールネジが回転、その上に固定された台座にある緩急針を動かすマイクロメトリックスクリュー緩急調整機構、そして支柱で輪列を受けるプレートを支える構造など、従来のムーヴメントと同じく堅牢な設計を持つ。なお、真っすぐにカットされた5分の3プレートは、脱進機周りを覆い隠さずに見せることと整備性を考慮してのものだと言う。

Cal.102.0

直径26㎜、厚さ3.45㎜の小振りなムーヴメント。真っすぐなシルエットを持つ5分の3プレートがCal.102.0の特徴のひとつである。また、輪列に採用される歯車は耐磁、防錆特性に優れた銅・ニッケル・亜鉛からなるARCAP合金を使用

 

テフヌート、テフヌート・レディーともに同じムーヴメントを搭載するが、レディースウオッチにおいても、モリッツ・グロスマンの堅牢重視の製品哲学は揺らぐことはない。

テフヌート・レディー

ブランド初のレディースウオッチ。シルバー無垢の上にごく薄くMOPコーディングとギョーシェを施した文字盤がフェミニンな雰囲気。なお、RGモデルのリューズトップにはガーネットカボション、WGモデルではアイオライトのカボションがあしらわれる。
■Ref.MG-000347。RG(36㎜)。3気圧防水。手巻き(Cal.102.0)。302万4000円


問い合わせ:モリッツ・グロスマン ブティック TEL.03-5615-8185
www.grossmann-uhren.com

 

関連記事

  1. ドイツ時計の魅力を再考する<ユンハンス>

  2. ユンハンス <テラスビルディング>100周年記念モデル

  3. ドイツを代表するライカ社が腕時計を発表

  4. 「ドイツウォッチフェア 2018」がイセタンメンズ レジデンスで開催中…

  5. バーゼルワールド2018<シャウボーグ②>

  6. ノモスが国内初のレディースフェアを開催

  7. ノモスがバウハウス100周年の特別モデルを発表

  8. グラスヒュッテ・オリジナルの過去といま

ロレックス

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計