スイス発、フルタッチスクリーン採用のハイブリッド式スマートウオッチが日本上陸

ZeTime-Needle moves horizontally-2
スイスのウエアラブル端末メーカー、“MyKronoz”の日本代理店、MSY株式会社から、フルタッチスクリーンを採用した世界初のハイブリッドスマートウォッチ“ZeTime(ザタイム)”が2018年7月31日(火)より発売スタート。

“ZeTime(ザタイム)”はスイス時計の伝統美とスマートウオッチの技術を融合した世界初のハイブリットスマートウォッチ。数々のクラウドファンディングで話題をさらい、合計8億円以上の支援を獲得する快挙を達成。これは、スマートウオッチ関係のクラウドファンディングでは他に類を見ない実績であり、デジタルガジェット好きはもちろん、時計関係者の間でもいちやく注目を集めるようになった。
ZeTime-Needle moves horizontally-1
その最大の特徴といえるのが、アナログ針とフルタッチスクリーン、二つのスマートウオッチを融合している点。
最近、ひとつのジャンルとして定着してきたハイブリッド式のスマートウオッチ(アナログ針で機能を表示するスマートウオッチ)だが、従来は、あくまでも針を使ってウエアラブル機能を表示するのがスタンダードである。
それに対してこの“ZeTime(ザタイム)”は、フルタッチスクリーンの上に金属製のアナログ針を備え、時計としての美観とウエラブルの機能を両立することに成功しているのだ。
フルタッチ対応のカラースクリーンは直感的な操作が可能で、通知やアクティビティ、アプリが手軽に操作できる。
通知を読む際に針が邪魔になりそうだが、アナログ針が3時-9時で水平になる“スマートムーブメント機能”を搭載しているので安心だ。画面の視認性を最大限にし、テキストをはっきりと見えるように工夫されている。

スイス時計の魅力である品質にもこだわり、風防には衝撃や傷に強い高品質のサファイアガラスを採用。ステンレススチール製のケースは、スタイリッシュなデザインに仕上がっており、シーンを選ばず愛用できそうだ。

“ZeTime(ザタイム)”の主な特徴

一度の充電で最大30日持続
消費電力を抑えるため、独自のOSを使用しているほか、ディスプレイを自分に向けたときのみ表示する「スマートクラウン」機能を搭載。
アナログモードで最大30日間、スマートウオッチモードで最大3日間バッテリーが持続する。
※利用の環境や、スクリーンの操作頻度により、持続時間は異なる

ZeTime-Music playback control
スマートフォンと連動した通知や遠隔操作機能
スマートフォンとBluetooth接続を行うことで、スクリーン上にさまざまな通知を表示。
通知は着信やEメール、カレンダーに加え、LINE、Twitter、Instagram、Facebookなどの各種SNSに対応している。
また、音楽再生をリモートコントロールする機能も備えており、再生/停止/スキップなどの操作が行える (リリース時点:Apple Music,Google Play Music, Spotify, Deezerに対応)。
リモートコントロール機能に関しては、スマートフォンのカメラを遠隔操作して写真撮影することも可能だ。

ZeTime-Heart rate measurement
アクティビティトラッカー&睡眠モニター
3軸加速度計と光学式心拍センサーを備えたことで、心拍、歩数、移動距離、カロリー消費、活動時間と睡眠をトラッキングできる。また、専用のアプリケーションを使った目標の設定や、目標に向けたリマインド機能も搭載。

タイムゾーンに合わせた自動時間調整
異なるタイムゾーンの場所へ移動しても、時計の針をその都度調整する必要はなし。スマートフォンと連携し、タイムゾーンに合わせて自動で時間を調整してくれる。

 

ZeTime(ザタイム)
ZE-3
本体サイズはRegular(44mm)とPetite(39mm)の2種類。
ZE-1a
ディスプレイには25種類以上のカラフルで個性的なインターフェイスデザインが用意されているほか、自身でオリジナルデザインを作成することも可能。
また、シリコンベルトを採用したZeTime(ザタイム)のほか、レザーベルトを採用したZeTime Premium(ザタイムプレミアム)、高級感のあるブレスレット仕様のZeTime Elite(ザタイムエリート)と、3つのコレクションがラインナップされているので、シーンやスタイルに合わせて好みのモデルをセレクトできる。
■ステンレススチールケース、シリコンストラップ。ケース径44mm(プチはケース径39mm)。5気圧防水。接触充電式。各2万5790円
※ZeTime Premium:3万110円(レザーベルト仕様)
※ZeTime Elite:3万2270円(メタルブレスレット仕様)

■専用アプリケーション
Android、iPhoneの両OSに対応した専用アプリケーションを用意。
通知の設定や、アクティビティトラッカーのログ、睡眠モニタリングの閲覧などを行えます。
※Android4.3以上、iOS8.0以上対応

 

》便利でおしゃれな2つの“スマートベルト”も注目

健康的な生活リズムをサポートする各種リマインダー機能(食事、薬の服用、睡眠)に加えて、アクティビティトラッカー機能(歩数、移動距離、カロリー消費、心拍(※))を計測できる最新の“スマートベルト”もラインナップ。各6色(ブラウン×ブラウン、ホワイト×シルバー、ブラック×ブラック、ブルー×シルバー、パウダーピンク×ゴールド、レッド×シルバー)と豊富なバリエーションも魅力だ。
※心拍は、ZeFit4HRのみ

》主な搭載機能をチェック
スマートフォン通知
スマートフォンとBluetooth接続を行うことでスマートフォン通知を本体ディスプレイに表示。LINEをはじめとしたSNS、着信、Eメール、カレンダー通知などの通知項目を選択設定できる。ポケットやバッグからスマートフォンを取り出さずに瞬時に通知を確認できるのが魅力だ。

リモートコントロール
スマートフォンのカメラ機能や音楽再生機能を遠隔操作することができる。

睡眠状態記録
睡眠の時間と睡眠の質の記録機能を搭載。ステータスはZeFit上で確認できるほか、専用のアプリケーションにより、より詳細なレポートを確認できる。

紛失防止機能
本製品がスマートフォンから一定範囲外になるとバイブレーションまたは音で通知する紛失防止機能や、スマートフォンをどこかに置き忘れた際(一定範囲内)にスマートフォンの着信音やバイブレーション起動させることで簡単に見つけることができる端末位置取得機能も備える。

ZE-1
ZeFit4
45.5×18.6×9.3mm。防水(IP67)。対応OS(Android5.0以上、iOS8.0以上)。5270円

ZE-2
ZeFit4HR
45.5×18.6×9.3mm。防水(IP67)。対応OS(Android5.0以上、iOS8.0以上)。7970円

【MyKronozとは】
2013年1月にスイス・ジュネーブにて設立された、ウエアラブル端末の開発・デザイン会社。スイス時計の伝統美とウエアラブルの革新技術を融合させ、フルラインナップで手頃かつスタイリッシュな端末を提供している。アクティビティトラッカー、スマートウオッチ、ハイブリッドスマートウオッチ、ウォッチフォンの4つの製品カテゴリーをそろえ、すべての製品はiOSとAndroidに適合。すでに40カ国以上で販売網を持ち、大型量販店やネット通販を通じて、3百万個以上の端末を売り上げている。

【問い合わせ先】
MSY
【<ザタイム>の特設オンラインショップ】へ

関連記事

  1. アートとポップを融合したファッションウオッチ“ハイパーグランド”の新作…

  2. スウォッチの新作は、アムステルダム国立美術館のアートコラボレーション

  3. RHC ロンハーマン川崎店オープン記念、“ニクソン”の日本限定モデル!…

  4. 英国紳士服ブランド“HACKETT”とスウォッチが初のコラボレーション…

  5. 普通じゃつまらない! プラスワンの個性で勝負する、次世代の“シンプル時…

  6. スーツと相性抜群な新作クロノグラフが登場、“ROTARY(ロータリー)…

  7. ヴィンテージの雰囲気を備えた、新世代の北欧時計“コーニッシュ”

  8. 日本限定モデルが登場、スイスの実力派“フレデリック・コンスタント”

ロレックス

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計