セイコーが2018年度のジュネーブ時計グランプリ「スポーツ」部門賞を受賞

セイコー プロスペックスの復刻モデルが
ジュネーブ時計グランプリで賞を受賞!

セイコーウオッチが世界で展開する本格スポーツウオッチブランド、セイコー プロスペックスの「マリーンマスター プロフェッショナル 1968 メカニカルダイバーズ 復刻デザイン」が11月9日、スイス・ジュネーブのテアトル・ドゥ・レマンで開催された2018年度ジュネーブ時計グランプリ(Grand Prix d‘Horlogerie de Genève)においてスポーツ部門賞(“Sports Watch Prize”)を受賞した。

ジュネーブ時計グランプリは、2001年に創設され、ジャーナリストや時計師、コレクターなど、国際色豊かな時計のスペシャリストにより構成された審査員チームが、毎年ジャンルごとの部門賞と大賞の「金の針賞」(Grand Prix de<L’Aiguille d‘Or>)を選出し表彰を行う、アカデミー賞にも相当する世界の時計業界の1年を締めくくる祭典。スポーツ部門賞では、一次選考を通過した6点が、9日の最終審査に臨んだ。

今回の受賞モデルは、10振動のハイビート機械式ムーヴメントを搭載し、気密性の高いワンピース構造のケースを特徴とし、多くの冒険家たちに愛用された1968年製のダイバーズウオッチのデザイン復刻モデル。復刻にあたり、現代のプロフェッショナルモデルにふさわしいスペックを実現するべく、より気密性の高いガラスパッキンを採用、風防やベルト素材をアップデートし、パワーリザーブを約55時間(最大巻上時)とするなど、実用性を高め、今年6月世界限定1500本で発売されたモデルだ(現在は製造を終了)。

セイコーでは過去にも、2006年に世界初のEPDウオッチ「スペクトラム」が電子時計部門賞を、2010年に「スプリングドライブスペースウォーク」がスポーツウオッチ部門賞をそれぞれ受賞。メイド・イン・ジャパンの機械式腕時計としては、グランドセイコーで受賞した2014年受賞の「小さな針」賞に続く2回目の受賞になった。

テアトル・ドゥ・レマンでの授賞式の様子

 

【問い合わせ】
セイコーウオッチ お客様相談室 ☎︎ 0120-061-012(通話料無料)
セイコーウオッチの公式サイトはコチラ

関連記事

  1. 12月7日(金)からシチズン創業100 周年を記念するイベントを開催

  2. アーティアがCOSC認定のインハウスムーヴメントを発表

  3. 2017 ROTARY新作フェアが開催

  4. 菊野昌宏氏を講師に、第7回CWCセミナー・懇親会が開催

  5. ボヴェ(BOVET)が期間限定でアワーグラス銀座店に登場

  6. 70年代に発表されたシチズン幻のプロトタイプが、現代の機能で復刻!

  7. ボストーク・ヨーロッパが取扱い各店でサマーフェア開催

  8. 日本初、時計専門のクラウドファンディング始めます!

ロレックス

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計