お手頃だけど、これなら大満足! 予算20万円台アンダーの実力時計本気レビュー/No.02

“予算20万円台の良い時計が知りたい”という声がよく聞かれる。確かにこのプライスレンジは非常に現実味があり、全体的に高騰している昨今の時計市場においては、とてもありがたい存在と言えよう。さらに決して高級時計とは言えないが、現代の製造技術の進歩により、力の入った力作が多いこともまた事実である。そこで今回は、読者が最も気になる“予算20万円台”というプライスゾーンから、魅力的な時計を編集部員が徹底的レビュー。実機を眺めて、触って、試着したリアルな意見なので、ぜひ購入の際の参考にしていただければ幸いだ。

Category 02
高額なクロノグラフだが、予算20万円台
でも満足度の高いモデルがある!
お手頃クロノ

時計玄人を満足させる
使えるクロノ4選

人気の高い実用機能、クロノグラフ。クォーツ時計は別にして、機械式となるとかなり高額になる、という印象をもっている読者も多いことだろう。実に筆者もそうだった。しかしながら、しっかり探してみると今回の予算でもなかなか面白いクロノグラフが見つかってくる。
その一例が、ここで紹介しているモノローグの自動巻きクロノグラフだ。高級時計を愛でる読者にとってはなじみのない銘柄かも知れないが、決して侮ってはいけない。セイコーインスツル製の新型自動巻きツーカウンタークロノグラフムーヴメントを搭載しているのである(!)。クロノグラフは非常にデリケートな機構だが、実績のある同社のメカであれば信頼性が高く、安心して使用することができよう。それでいて価格は10万円強なので、時計を知っている人ほどそそられる1本ではないだろうか。
それに加えて機械式からはセイコー プレザージュとフォルティスの1本を、クォーツ式からブローバの1本をレコメンド 。いずれも実力者であるため、ぜひ注目していただきたい。

 

monologue モノローグ
オートマチック クロノグラフ
独自のカスタマイズシステムで注目を集めるジャパンメーカー、モノローグ。このモデルはブランド初の機械式クロノグラフで、搭載するのはセイコーインスツル社のCal.NE86。一般的には20万円オーバーの時計に採用される機械だが、本作は何と11万円台(ケースのみ)で購入することができる。
■ケース:mw42003a05d07。SS(42㎜径)。5気圧防水。自動巻き(Cal.NE86)。11万7720円。ベルト:bme004-20b。4101円/問モノローグ事業部(☎︎03-6803-0888)

ケースのサイドビュー。ベゼル、裏ブタに傾斜を設けることで、実寸よりもシャープな印象に仕上げているのが特徴だ。表面の研磨もなかなかキレイ

 

 

 

組み立て作業は長野県の精密機器メーカー“南安精工”が請け負う。日本の職人による厳格な品質管理こそ、モノローグの強みなのだ

 

 

 

高級機の証であるコラムホイール制御・垂直クラッチ式を採用するCal.NE86。振動数は毎時2万8800振動で、パワーリザーブは最大45時間

 

 

 

実機でレビュー!
「機械式クロノグラフ、さらに“日本製”という付加価値も付いて、10万円台前半はかなり驚き。搭載するセイコーインスツル製キャリバーはコラムホイール制御のため、耐久性が高く、安心して機構を使用することができます。事実、安価で出来の悪い機械式クロノは、故障するリスクが高いのです。」

 

 

 

日本に綿々と継承される琺瑯を採用
SEIKO PRESAGE セイコー プレザージュ
端正な顔立ちの機械式クロノグラフだが、注目すべきはその文字盤。ベースになる鉄製素材に、ガラスなどを原料とする釉薬を塗布し、高温で焼成した琺瑯(ほうろう)文字盤を採用しているのだ。琺瑯ならではの柔らかな光沢感を堪能したい。
■SS(42㎜径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.8R48)。27万円/問セイコーウオッチお客様相談室(☎︎0120-78-4807)

Cal.8R48はクロノグラフ操作時の針飛びが少なく、耐衝撃性にも優れる垂直クラッチ式を採用する

 

 

 

実機でレビュー!
「琺瑯職人・横澤満氏が監修する上質な文字盤だけでなく、機械式ムーヴメントの品質も見逃せません。このモデルは20万円台後半で販売されていますが、高級クロノの証であるコラムホイール式、垂直クラッチ方式を採用しているんです。例えばプッシャーを押した時の感触は、高級時計のそれと非常に似ています。」

 

 

 

アップデイトされたフラッグシップモデル
FORTIS フォルティス
フリーガープロ クロノグラフ
1980年代半ばに誕生した“フリーガークラシック・シリーズ”のDNAを受け継ぐ、フォルティスの大定番。2016年から現行モデルに切り替わり、より実用的なマイナーチェンジが加えられている。その一例は操作性に配慮した新形状のリューズ、視認性と高級感を高めるルミノバ付きのアップライトインデックスなど。
■Ref.705.21.11M。SS(43㎜径)。10気圧防水。自動巻き(Cal.ETA7750)。27万円/問ホッタ(☎︎03-6226-4715)

搭載するのはETA7750。多くのブランドが採用する信頼性の高い機械だ

 

 

 

実機でレビュー!
「実機を見るとよくわかりますが、外装の作りに高級感があります。ケースの鏡面・筋目仕上げは実に美しく、ブレスのコマは左右に無駄な遊びがないので、手首に巻いた時の感触も良い。ただスペックの高いプロ仕様の機械式クロノゆえ、ケースは若干重め。サイズも40㎜オーバーなので、購入する前に一度試着するのがベターです。」

 

 

 

外装もムーヴも湾曲させた個性派モデル
BULOVA ブローバ
プログレッシブスポーツ カーブ
ブローバが2016年に発表した世界初の弧を描くクロノグラフムーヴメント。これを搭載しているのが“カーブ”シリーズであり、ケースだけでなく、ムーヴメント・文字盤までも湾曲させているという非常に珍しいコレクションだ。今年はそのラインナップをさらに拡張させ、ブレスレットモデルを投入。
■Ref.98A206。SS(44㎜径)。30m防水。ハイパフォーマンスクォーツ。14万1480円/問ブローバ相談室(☎︎0570-03-1390)

ご覧の通り、ケースだけでなく、風防や文字盤までカーブさせている

 

 

 

実機でレビュー!
「本作の特徴であるアーチ状のケースは、人間工学に基づき設計されたもの。ケースがぴったりと手首に接触するようデザインされているので、抜群のフィット感が魅力です。またブローバ独自のハイパフォーマンスクォーツは、一般的なクォーツと比較して約8倍の振動周波数、26 2kHzを実現。精度にもこだわりたい人にもオススメです。」

 

 

 

過去の記事はコチラから
予算20万円台アンダーの実力時計本気レビュー/No.01

関連記事

  1. 日本未上陸ブランド傑作選/No.11 MING(ミング)

  2. 日本未上陸ブランド傑作選/No.7 NIALL(ナイル)

  3. 自社ムーヴメント搭載のアイコン オートマティック スケルトンがついに発…

  4. レイモンド・ウェイルから伊勢丹新宿店メンズ館特別限定エディションが登場…

  5. マニア心をくすぐる、“コンプレッサーケース”とは?

  6. 日本未上陸ブランド傑作選/No.16 TATE WADE(テイト・ウェ…

  7. 日本未上陸ブランド傑作選/No.9 LE JOUR(ル・ジュール)

  8. 盛岡セイコー工業の伊藤 勉氏が平成30年度の現代の名工(卓越した技能者…

ロレックス

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計