グラスヒュッテ・オリジナルの過去といま

 

GLASHÜTTE ORIGINAL

グラスヒュッテ・オリジナル

 

グラスヒュッテ・オリジナルの起こり


ドイツの時計メーカーは大きく二つの地域に分かれて存在してきた。
スイスに近いシュヴァルツヴァルト地方と、もうひとつはチェコに近いグラスヒュッテだ。

歴史の古さを言えば、前者である。ライン川の上流にあるこの地域は、黒い森とも呼ばれ、この地域に自生する木を使って昔から木製のクロックを製造し栄えてきた。1852年にはおそらく世界で初の時計博物館が設立されていることからも、その歴史の古さはうかがい知ることができる。

対してグラスヒュッテで時計産業が興ったのは、シュヴァルツヴァルトより遅い19世紀半ばのことだ。
それまで、銀鉱山の採掘で潤っていたグラスヒュッテだったが、この頃には銀が枯渇し、住民たちは貧困に苦しんでいたという。
この危機を救おうと行動を起こしたのが、ドレスデンの時計職人であったフェルディナント・アドルフ・ランゲ(1815~75年)その人である。彼はグラスヒュッテの街に新たな雇用を生み出すために、時計会社設立の要望書を当時のザクセン政府に何度も送っている。1845年、この要望が受け入れられ、グラスヒュッテの街は時計産業の地として再スタートしたのである。

グラスヒュッテの街

19世紀の半ばのグラスヒュッテ。ザクセン州の首都ドレスデンから30km離れた同地は、かつて当時、鉱山の街として栄えた

もっとも、このときランゲに勝算がなかったわけではない。鉱山で潤ったグラスヒュッテには小規模ながらも手工業の歴史があり、かなり精密な道具を自製していた。つまり、精密な時計作りを実現できるだけの素地があったためである。
こうして、何もなかったグラスヒュッテの街に、多くの時計関連会社が生まれていった。さらに、1878年にはランゲの弟子であったモリッツ・グロスマンが陣頭指揮をとってグラスヒュッテ・ドイツ時計学校も設立され、時計産業はいっそう根付いていった。

だが、順調だったグラスヒュッテの時計産業に転機が訪れる。
第2次世界大戦の敗戦によって、グラスヒュッテの主だった時計メーカーは段階的に国営企業の“グラスヒュッテ時計企業”(通称GUB)に統合化されてしまうのである。

実はこのGUBこそ、現グラスヒュッテ・オリジナルの前身となる会社である。1990年のドイツ統一の余波を受けて94年に民営化したGUBは、さらに2000年には現在のスウォッチ・グループに参加。民営化以降、高級化を推進したグラスヒュッテ・オリジナルは、いまではドイツを代表する高級時計メーカーにまで成長した。

グラスヒュッテ・オリジナルが今日までのわずかな期間で、これほどまでに成功に収めた理由はいくつかある。
そのひとつが、旧GUB時代より工業化を進めると同時に、手工業のノウハウをもしっかりと継承してきたことだ。なかでも特筆はムーヴメント部品の焼き入れだろう。多くの機械式ムーヴメントは硬度と耐久性を高めるため歯車などに焼き入れをするが、これは品質管理が非常に難しい。そのため外注するのが一般的だが、同社ではこれを自社で行なっている。その技術力と設備規模は世界でもトップクラスである。

Cal.90

ダブルスワンネックを備え、優れた精度と美観を両立させた自動巻きのCal.90

加えて近年、グラスヒュッテ・オリジナルは自製率を高めようとしており、ムーヴメントのみならず、優れたケースメーカーと文字盤メーカーを傘下に収め、内外装のほとんどをドイツ国内でまかなえるようになった。グラスヒュッテ・オリジナルの時計で使用するパーツは、実に95%以上が自社で製造している。また高い自製率を実現したことで、より個性も際立った。とりわけ、グリーングラデーションカラーとなった新作シックスティーズのような、繊細な仕上がりとなった文字盤は、グラスヒュッテ・オリジナルならではと言える、新たな個性だ。

Cal.37-01

2018年の期間限定生産モデルとして発表されたシックスティーズの文字盤は、中心のライトグリーンからドーム形文字盤の外周にかけて深いグリーンへと変化するグラデーション効果が与えられた

新たな個性を得て、ますます魅力を増すグラスヒュッテ・オリジナルで現在展開される主要コレクションは“パノ”、“セネタ”、“ヴィンテージ”、“レディ”の4つ。最後にこれらコレクションの特徴と代表作を紹介しよう。(文◎堀内大輔)

パノ コレクション

黄金比率より導き出された、特徴的なオフセット配置と現代的な美しさが融合するコレクション。積算計をレトログラード式にすることによってアシメトリーの文字盤を実現したクロノグラフモデル、パノグラフなど、豊かな創造性が発揮されたモデルがラインナップしている。

パノマティックインバース
■Ref.1-91-02-02-02-50。ステンレススチール(42㎜径、12.3㎜厚)。自動巻き(Cal.91-02)。156万6000円


セネタ コレクション

古典的なディテールを随所に盛り込み、エレガントな雰囲気を演出する一方、現代における最新スペックを融合したセネタ コレクション。シンプルな3針デイトモデルからトゥールビヨンやパーペチュアルカレンダーといった複雑機構モデルまで幅広くラインナップする。

セネタ・エクセレンス・パノラマデイト・ムーンフェイズ
■(左)Ref.1-36-04-01-02-50(ステンレススチール)。136万800円
(右)Ref.1-36-04-02-05-50(レッドゴールド)。270万円
40㎜径、12.2㎜厚。自動巻き(Cal.36-04)


ヴィンテージ コレクション

デザインにおける個性が際立つ1960年代、70年代のヴィンテージモデルをベースに、現代的な解釈を与えたコレクション。スクエアケースを持つ“セブンティーズ”、そしてラウンドケースの“シックスティーズ”を軸に、様々なモデルがラインナップしている。

(左)シックスティーズ・パノラマデイト
■Ref.W239-47-04-02-04。SS(42㎜径、12.4㎜厚)。3気圧防水。自動巻き(Cal.39-47)。97万2000円
(右)シックスティーズ
■Ref.Ref.W139-52-03-02-04。SS(39㎜径、9.4㎜厚)。3気圧防水。自動巻き(Cal.39-52)。81万円


レディ コレクション

クラシックな外観を与え上品な雰囲気を演出しながらも、愛らしく、艶っぽいフォルムと豊かな色彩を放つレディースコレクション。アシメトリー文字盤のパノマティックルナ、貴石をあしらいラグジュアリー感を与えたレディ・セレナーデなど多彩なモデルがラインナップする。

パノマティックルナ
■Ref.1-90-12-03-12-02。ステンレススチール(39.4㎜径、12㎜厚)。3気圧防水。自動巻き(Cal.90-12)。213万8400円

 

問い合わせ:グラスヒュッテ・オリジナル ブティック銀座 TEL.03-6254-7266
www.glashuette-original.com/ja

<その他、ドイツ時計に関するニュースは【GERMAN WATCH.jp】へ>

関連記事

  1. チュチマ・グラスヒュッテCEOインタビュー

  2. 「ドイツウォッチフェア 2018」がイセタンメンズ レジデンスで開催中…

  3. トーマス・ニンクリッツの伊勢丹メンズ館限定モデルが登場

  4. A.ランゲ&ゾーネがイギリスのクラシックカーイベントに初協賛

  5. ジン(SINN)の新作受注会&フェアが開催

  6. ランゲ・ファーストコレクションに思いを馳せて

  7. 三越ワールドウオッチフェア 開催中!

  8. 日本未上陸の傑作ドイツ時計<ジェネシス>

ロレックス

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計