チューダーはアンティークも面白い。【サブマリーナ③】

2018年10月に数十年ぶりに日本での正規取り扱いが再開されたチュードル改め、チューダー。いま旬のこのブランドにスポットを当て、アンティークウオッチ専門誌『LowBEAT』のバックナンバーに掲載されたアンティークチュードル特集を連載で紹介しよう。3回目となる今回は、チューダー サブマリーナの第2世代にスポットを当てる。なお、記事内では当時の呼び名に合わせて“チュードル”のまま表記している。
<前回記事>

アンティーク解体新書
「チュードル サブマリーナ」③


新しいデザインを取り入れ、
チュードルらしさを追求

 
 第1世代の最終モデルとなるRef.7928が生産終了となり、1969年のカタログにニューモデルとして同時に登場したのが、Ref.7016/0、そしてRef.7021/0の二つのレリファレンスだ。Ref.7928の登場で一応の完成を迎えたチュードル サブマリーナであったが、このレファレンスからは搭載ムーヴメント、そしてデザインを刷新。いわば、第2世代にあたるモデルである。
 
チュードルサブRef.7016/0

Ref.7016/0
ETA製自動巻き、Cal.2483を搭載したRef.7016/0。ノンデイトタイプで従来の流れを汲むモデル。初期にはパーツを転用したものがあったのだろうか、Ref.7016/0のなかには、小バラモチーフにドットインデックスの文字盤のモデルもあるが、基本的に正方形の大胆なデザインが目を引くスノーフレークダイアルを採用する。SS(40㎜径)/自動巻き(Cal.2483、17石)/1974年製/参考商品

 
チュードルサブRef.7021/0

Ref.7021/0
第2世代から初めて登場することになったのが、デイト表示モデルのRef.7021/0。デイト表示付きで実用性が高い一方、チュードルらしいスノーフレークダイアルであることからコレクターからの人気も高いため、市場での流通量は思いのほか少ない。ちなみにデイト表示は赤と黒が交互に出てくるユニークなタイプを採用している。SS(40㎜径)/自動巻き(Cal.2484、17石)/製造年不明/コレクター所蔵品

 
この第2世代モデルからはスペック面以上に、刷新されたデザインに大きな特徴がある。これまでチュードルの象徴ともなっていた小バラモチーフは盾モチーフに変更されたほか、そして何よりも“スノーフレークダイアル”が初めて採用されている。針、そしてインデックスに正方形を取り入れた大胆なデザインだが、これは雪の結晶(スノーフレーク)にインスピレーションを得ていることから、そう呼ばれる。しかし、日本のファンからは針の形状がイカのように見えることから〝イカサブ〟の名のほうが定着しているようだ。
 

トリプロック仕様となった
進化版“イカサブ”

 
さらに1970年代に入ってからほどなく、74年のカタログから登場し始めたのが、Ref.9401/0と9411/0である。外見上、両者の違いを分けているのはデイトの有無となっているが、デザイン的には第2世代の7016/0と7021/0と比べてみても、大きな変更点は見られない。
では、何が変わったのかというとまずひとつがムーヴメントである。ETA製ということに変わりはないが、毎秒8振動(毎時2万8800振動)のCal.2784へと切り替わった。また、リューズはこれまでのツインロックタイプから、信頼性を高めたトリプロック仕様へと変更。実用面での防水性が強化されている。
 
チュードルサブRef.9401/0

Ref.9401/0
第3世代モデルのノンデイトタイプ。初期はRef.9401/0、後期にはRef.94010と表記するモデルが登場した。以前からあるブラック文字盤もあったが、ブルー文字盤が目立つようになったのはこのモデルから。また、スノーフレークダイアルのほか、針のみスノーフレーク仕様で、文字盤はドットインデックスという仕様も登場した。Ref.94010/SS(40㎜径)/自動巻き(Cal.2776、25石)/1980年代製/画像協力:アンティコルム

チュードルサブ9411/0

Ref.9411/0
Ref.9401/0(後期はRef.94010)のデイト付きバージョンが、このRef.9411/0(後期はRef.94110)だ。ムーヴメントは毎秒8振動のハイビート、ディテールも肉厚のモダンな作りでアンティークと呼ぶには抵抗がある雰囲気だが、登場は1974年からとギリギリ、アンティークの範疇。実用を重視するなら価格も値頃感があり、オススメだ。SS(40㎜径)/自動巻き(Cal.2784、25石)/1976年製/参考商品

関連記事

  1. チューダーはアンティークも面白い。【サブマリーナ②】

  2. 女性必見! 初めてのアンティーク時計 基本の“き”教えます。

  3. アンティークウオッチ専門誌『LowBEAT』最新号が絶賛発売中

  4. LowBEAT“名機礼賛”アーカイブス

  5. これはなんでしょう?

  6. いま旬のブランド、チューダーはアンティークも面白い。

  7. LowBEAT“名機礼賛”アーカイブス No.02

ロレックス

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計