気になる時計情報を独自の視点で解説/Brand New Scoop「DAN HENRY」

雰囲気抜群の38㎜のレーシングクロノ!
ダン・ヘンリーに期待の新作が登場

DAN HENRY ダン・ヘンリー

数万円とは思えぬ作りと
こだわりを実現させた新作

注目の新ブランドとして時計ツウから密かに高い評価を得ているダン・ヘンリー。約40年で1500本以上の時計を集めたコレクタ―、ダン・ヘンリー氏が自身の経験や知識を生かして立ち上げたブランドで、ヴィンテージに範を得たデザインと時計好きも唸るこだわりのクオリティを備えた時計は非常に高く評価されている。そんなダン・ヘンリーから、久々となる新作が登場した。
新作も文字盤の仕上げや針、インダイアルのバランスなど時計のクオリティを左右するポイントを押さえた作りで、価格以上の出来と雰囲気の良さを実現している。特に注目はムーヴメントとブレスだ。ムーヴメントにはクォーツながらクロノグラフのスタート・リセットに機械式と同様の機構を持たせたメカクォーツを採用。しかも38㎜の小振りなケースに納めたのが素晴らしい。また、コマが米粒(ライス)のようであることから名付けられたライスブレスを装備。これはヴィンテージファンに非常に人気で、ライスブレスだけでも購入する価値があるくらいの出来栄えと雰囲気を実現した。

 

1964 グランツーリスモ クロノグラフ
1960年代のレーシングドライバーが身に着けていたクロノグラフに着想を得た新作。メカクォーツ、そして“ライスブレス”の採用など、ヴィンテージファン垂涎のこだわりを盛り込んだ。また、38㎜というサイズも絶妙だ。ちなみにメカクォーツは、かつてジャガー・ルクルトやIWCも採用した個性的なムーヴメントで近年、このレトロなムーヴメントを採用する新興ブランドが増えている。
■ SS(38㎜径)。50m防水。クォーツ(Cal.VK63)。世界限定1964本。3万5640円

ケースバックのレリーフは、GTスポーツに敬意を表し、1960年代の“アストンマーティン DB5”を彷彿とさせるデザイン

 

 

 

文字盤バリエーションは右からEvil Panda(イービルパンダ)にSilver(シルバー)、Slate Grey(スレートグレー)、Panda(パンダ)の4タイプ。ブレスのほか、数種類の革ベルトを用意。それぞれデイトの有無が選択できる

 

【問い合わせ先】
コンティニュエ エクストラ・スペース
☎︎ 03-3792-8979
コンティニュエ エクストラ・スペースの公式サイトはコチラ

関連記事

  1. クロノスイスから二つの節目を祝う新作モデルが登場

  2. 時計修理相談室 by モントルでペキニエ マニュファクチュールの製品販…

  3. 自社ムーヴメント搭載のアイコン オートマティック スケルトンがついに発…

  4. H.モーザーの人気モデル、エンデバー・センターセコンドから日本限定モデ…

  5. SUUNTO(スント)から、おしゃれなストラップコレクションが登場!

  6. ブルーのギョーシェが美しいボヴェの新作コンプリが登場

  7. 北欧発カーサス ヴィクタスが日本上陸とともに販売を開始

  8. エドックスが“THE WATER CHAPMION” をテーマにしたオ…

ロレックス

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計