SIHH2019新作情報 “A.ランゲ&ゾーネ”

 

A.LANGE & SÖHNE

A.ランゲ&ゾーネ

ブランド復興第1号コレクションを発表した1994年から25年という節目を迎えたA.ランゲ&ゾーネは、2019年、先行して発表されたランゲ1 “25th アニバーサリー”を加え、5つのニューモデルをSIHHでお披露目した。

デジタル時計の新たなスタイルを提示


ハイライトは、瞬転数字ディスクによるデジタル時刻表示機能を持った機械式モデル、ツァイトヴェルクの新作である。2009年に発表されたこのツァイトヴェルクは、見紛うことのない個性的なダイアルデザインと画期的コンセプトのもと生まれ、いくつもの賞を獲得。同社を代表するモデルのひとつとなっている。誕生から10年を経た今年、新たにデイト表示機能を組み込んだツァイトヴェルク・デイトが完成したのである。

ツァイトヴェルク・デイト

ツァイトヴェルク・デイト

Ref.148.038。ホワイトゴールドケース。ケース径44.2㎜(12.3㎜厚)。日常生活防水。手巻き(Cal.L043.8)。世界限定100本。987万円(税別予価。2019年7月以降発売予定)

アナログ時刻表示では一般的な機能であるデイト表示だが、実はツァイトヴェルクに、これを組み込むことは容易ではなかった。というのも、ムーヴメントに時刻表示用の大きな数字ディスクを備えたツァイトヴェルクには、すでにデイト機能を組み込むだけのスペースがなかったためだ。そこでランゲの開発陣は、ムーヴメントの構造を一から見直し、再設計。文字盤外周に配置するリング式によるデイト表示を組み込んだのである。さらにツァイトヴェルクに採用された新技術として、時表示だけを進めるボタンを4時位置に追加されている。

ツァイトヴェルク・デイト1

新たに開発されたツァイトヴェルク・デイト用の手巻きムーヴメント、Cal.L043.8。動力を常に一定に保つ動力制御メカニズムが採用され、数字ディスクは常に一瞬のうちに1単位進む

ツァイトヴェルク・デイト2

ガラス製のデイトリングに1〜31の数字がプリントされ、毎日の日付けは赤で表示される

 

新たな装いになった二つのマスターピース


永久カレンダーを同載したフライバック・クロノグラフを備えたダトグラフと自動巻きのランゲマティックからは、表情が新たになったニューモデルが登場している。
前者、ダトグラフ・パーペチュアル・トゥールビヨンは、既存のブラック文字盤仕様が醸し出す精悍な雰囲気から一転、ピンクゴールドの文字盤が採用され、温かみが与えられている。なおケースはホワイトゴールドだ。
他方、ランゲマティック・パーペチュアル・ハニーゴールドは、その名が示すとおり、ハニーゴールドケースが採用されている。他の金合金よるも優れた耐久性を示すこのハニーゴールドは、ランゲが専用使用権を有し、そのなかでも厳選したモデルにのみ採用されている。

ダトグラフ・パーペチュアル・トゥールビヨン

ダトグラフ・パーペチュアル・トゥールビヨン

Ref.740.056。ホワイトゴールドケース。ケース径41.5㎜(14.6㎜厚)。日常生活防水。手巻き(Cal.L952.2)。世界限定100本。3009万円(税別予価。2019年6月以降発売予定)

ダトグラフ・パーペチュアル・トゥールビヨン2

729個の部品で構成される手巻きCal.L952.2。この複雑なムーヴメントの隅々にまで手作業で美しい装飾が施されている

ランゲマティック・パーペチュアル・ハニーゴールド

ランゲマティック・パーペチュアル・ハニーゴールド

Ref.310.050。ハニーゴールドケース。ケース径38.5㎜(10.2㎜厚)。日常生活防水。自動巻き(Cal.L922.1)。世界限定100本。933万円(税別予価。2019年5月以降発売予定)

ランゲマティック・パーペチュアル・ハニーゴールド2

自動巻きの複雑モデルながら、ケース径38.5㎜、10.2㎜厚と手首にしっくりと収まるサイズになっている

さらに、新生A.ランゲ&ゾーネ初のステップセコンド搭載モデルとして、2016年に登場したリヒャルト・ランゲ・ジャンピングセコンドにも、新バリエーションとなるブラック文字盤仕様が追加されている。同シリーズのデザインコンセプトである“科学的観測に用いられた計器”らしい雰囲気が強調され、精悍な表情が大きな魅力である。

リヒャルト・ランゲ・ジャンピングセコンド

リヒャルト・ランゲ・ジャンピングセコンド

Ref.252.029。ホワイトゴールドケース。ケース径39.9㎜(10.6㎜厚)。日常生活防水。手巻き(Cal.L094.1)。780万円(税別予価。2019年4月以降発売予定)

リヒャルト・ランゲ・ジャンピングセコンド2

時刻の最小単位である秒秒時をメインに据え、極めて高い判読性を実現したレギュレーターダイアルを採用。右下の分表示の目盛りを赤でプリントし、デザインにアクセントを付けている

これらに加え、先行して発表されたランゲ1 “25th アニバーサリー”がある。ブルーとシルバーのカラーリングで洗練された雰囲気を醸し出した本作は250本限定で、4月から発売される予定だ。

ランゲ1 “25th アニバーサリー”

ランゲ1 “25th アニバーサリー”

Ref.191.066。ホワイトゴールドケース。ケース径38.5㎜(10.7㎜厚)。日常生活防水。手巻き(Cal.L121.1)。世界限定250本。489万円(税別予価。2019年4月発売予定)

ちなみにランゲは、本作を“25th アニバーサリーシリーズ”の第1弾と銘打っている。つまり、第2弾、3弾と続く可能性を高いというわけだ。こちらの動向にも注目したい。
(文◎堀内大輔)

問い合わせ:A.ランゲ&ゾーネ TEL.03-4461-8080 www.alange-soehne.com/ja

 

<その他、ドイツ時計に関するニュースは【GERMAN WATCH.jp】へ>

関連記事

  1. ノモスが新作アウトバーンの発売記念して7月21日(土)よりフェアを開催…

  2. ウィリアムズレーシングカーへの敬意を込めた、オリスのリミテッドエディシ…

  3. グランドセイコーがエレガンスコレクションを拡大。 新開発ムーヴメント搭…

  4. 「ゴ・エ・ミヨ 2019」の出版記念受賞式にて編集長で司会の宮川俊二さ…

  5. 日本未上陸の傑作ドイツ時計<C.H.ヴォルフ>

  6. ラング&ハイネ初の角形、ゲオルク

  7. GERMAN WATCH.jpサイトプレオープンのお知らせ

  8. アンダー20万円で買えるハンハルトの新作  【1回】勝手に実機でインプ…

ロレックス

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計