ファンの琴線に触れるこだわりどころ

編集部、佐藤です。
腕時計に限ったことではないですが、靴にしろ、カバンにしろ、ステーショナリーにしろ、購買意欲を大きく左右するのは意外とちょっとしたディテールの差だったりします。特に腕時計の場合は針の色や形、あるいは文字盤の小さなロゴの違いが「欲しい!」と思うかどうかのキモだったりします。

今回はそんな、ちょっとしたディテールに関するお話です。

そんなわけで、今回のネタの中心はルミノックスであります。

ルミノックスといえば、アメリカ海軍特殊部隊「ネイビーシールズ」などにも正式採用されている本格的ミリタリーウォッチブランド。もともと特殊軍用時計として開発され、特にネイビーシールズダイブウォッチシリーズは、1991年に定められた世界で最も厳格な基準といわれるアメリカ合衆国政府調達腕時計製品仕様書(ミルスペック)のMIL-46374Fに基づいて製造される旗艦コレクションです。ファンが惚れ込むコレクションは他にもいろいろありますが、今回注目したいのがこの「レッド・ハンドシリーズ」なんです。

REDHAND.jpg
レッド・ハンドシリーズ
左:3001RH(ネイビーシールズ ダイブウォッチ オリジナルシリーズ1)
カーボンファイバーケース、ラバーベルト/ケース径44mm/200m防水/クォーツ(Cal.RONDA515)/3万4650円
中:3051RH(ネイビーシールズ カラーマークシリーズ)
カーボンファイバーケース、ラバーベルト/ケース径47mm/200m防水/クォーツ(Cal.RONDA515)/3万4650円
右:3402RH(F-117 ナイトホークシリーズ2)
ステンレススチールケース(PVD加工)&ブレス/ケース径44mm/200m防水/クォーツ(Cal.RONDA715Li)/8万1900円

“レッド・ハンド”と銘打ったモデルだけに、見てもらえるとわかると思いますがいずれのモデルも通常のモデルとは違い、赤くカラーリングされていて、さらに3402RH以外の2つのモデルの文字盤には『Navy SEALs』の表記がプリントされています。もちろんこのシリーズの本来意図するところは単純にデザイン的な意味合いではなく、“瞬時に時刻を認識できる高い視認性の追求”(ちなみにこのレッド・ハンド以外にもルミノックスの個性の1つでもある自己発光システム『ルミノックス・ライトテクノロジー』に加え、インデックスのアラビア数字に蛍光塗料を使用して、昼夜を問わない瞬時の視認性を向上させています。)ろというのが本来の目的としてちゃんとあるわけですが、こういうちょっとした違いが妙に購入意欲をそそるんですよね。。。

そんなわけでこのレッド・ハンドシリーズ。昨年の7月に登場した新しいシリーズなのですが、

今ではルミノックスのなかでも、主力定番となるほどの人気シリーズになっています。

さて、長々と紹介してきたわけですが、なぜ今回レッド・ハンドシリーズについて取り上げたかというと、実は・・・

なんと、5月23日にレッド・ハンドシリーズにニューモデルが加わるからなんです!

それがこちら

8800RH.jpg

ルミノックス誕生20 周年を記念した「ネイビーシールズ アニバーサリー シリーズ」をベースにしており、ルミノックスの中でもより高い視認性を確保したレッド・ハンド
シリーズとの融合が実現したのだ。

オススメ記事

  1. 壊れました。

  2. いやー、深いっす。

  3. 悪魔の囁き

  4. 好き過ぎて・・・

  5. 対面の日も近い!?

  6. ものづくり日本

  7. ゾディアック。。。

  8. いま、ドイツのリアルプライスウオッチが熱い!?

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計