新作ウオッチ、ワールドプレミア!

編集部、佐藤です。
先日、というか昨日になりますが、とあるブランドの新作ウオッチワールドプレミアが開かれるということで、都内某所へ編集長とともに行ってきました。

一体、どんなブランドかというと・・・
RIMG0424.JPG
ちなみに上の写真は従来からあるラインナップのニューフェイス。
スイスアーミーナイフでおなじみのビクトリノックス・スイスアーミーであります。
ビクトリノックスといえばスイスアーミーナイフのほうでは100年以上もの歴史を誇る老舗ですが、時計事業に進出したのは1989年とまだ若いブランド。スイスアーミーという名前が付いていますが、その腕時計はいわゆるミリタリーウオッチの路線とはひと味違い、スマートなデザインのものが多くビジネスユースにも映えるアイテムをラインナップしていました。
以前からエアボス マッハやアルピナッハとった機械式モデルが一部ラインナップされてはいましたが、これまではどちらかというとクォーツウオッチがメイン。
今回、特に個人的な興味を引いたのはレトロチックなカラーリングで絶妙なミリタリーテイストを持つ「インファントリー ビンテージ」シリーズに機械式モデルが大量に投入された点。
実は数年前にこのシリーズが登場した際にカッコいいなぁと思っていたのですが、「機械式があったら・・・」と心に秘めていただけに、機械式モデルの登場は願ったりかなったりです。
RIMG0435.JPG
世界に先駆けていち早く発表されたビクトリノックス・スイスアーミーの新作機械式ウオッチ。写真はインファントリー ビンテージシリーズに加わった機械式モデル。同シリーズの特徴的なカラーリングはそのままに、機械式になって魅力が格段にアップしています

とまあ、時計の話からは脱線しますが、今回のワールドプレミアの会場となったのは実はスイス大使公邸。
庭が非常にキレイだったのついでに写真に収め来たので、ちょっとご紹介。
RIMG0427.JPG
時計の詳細はまた追って機会があれば紹介したいですが、何はともあれインファントリー ビンテージの機械式モデルは、見逃せない時計になりそうです。

オススメ記事

  1. アンティーク(風)が気になる

  2. これ何かわかりますか?

  3. サイケデザイン再ブーム!?ー其の2

  4. 編集長大興奮の1本をキャッチ!

  5. 欲しいなぁ〜

  6. 梅雨の憂鬱の解消法

  7. 新作の発表会に行ってきました!

  8. 買おうかなー

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計