あの「BULOVA」が日本上陸!

編集部の佐藤です。

先日、というか昨日ですが、ブローバ 日本法人設立の記者発表会へ行ってきました。
以前ブログでも書きましたが・・・
そう、あの「BULOVA(ブローバ)」が日本に上陸するんです!

ブローバといえば、知る人ぞ知るアメリカの老舗ウオッチブランド。1875年に誕生して、以来数多くの腕時計を残していますが、その個性豊かなデザインのアンティークウオッチは今でもひと際異彩を放っています。
そして、何といってもブローバといえば音叉ムーヴメントを搭載した「アキュトロン」でしょう。なかでも文字盤からむき出しの音叉ムーヴメントをながめることのできる、スペーシーなルックスの「アキュトロン・スペースビュー」は絶大な人気を誇っています。

今年は音叉時計の名機「アキュトロン」の誕生から50年という記念すべきメモリアルイヤー。
ブローバの日本上陸に並んでもう1つの目玉は何といっても「アキュトロン・スペースビュー 復刻モデル」の存在です。
もちろん、先日の会場にもアキュトロン・スペースビュー 復刻モデルが並んでおりました!

RIMG0423.jpg
こちらがそのアキュトロン・スペースビュー 復刻モデル。その個性的ルックスは当時のままに、針やインデックスもしっかりと作られ現代的な見た目になっています。サイズはオリジナルよりもひとまわり、いや、ふたまわりほどサイズアップしているだけになかなか存在感があります。

もちろん、アキュトロン・スペースビュー 復刻モデルだけでなくレギュラーラインとして、主力を担う「ブローバ・アキュトロン・シリーズ」のメンズラインのなかから数種類が、日本へ上陸しました。
いずれもクールなルックスを持ちながらも、高級腕時計ビギナーでも手に取りやすい8万円〜16万円程度のエントリープライスゾーンが中心。非常に注目度が高いです。

RIMG0424.jpg
上の写真は今回上陸したシリーズの1つである「キュラソー」。すべて30気圧防水に逆回転防止機能付き回転ベゼル、ねじ込みリューズを備える本格ダイバーズモデルですが、価格的には非常に値頃感があります。

ただ1つ残念なのが、音叉時計はアキュトロン・スペースビュー 復刻モデルで限定的に復活するのみで、レギュラーでの復活はいまところ予定がないということ。個人的には何とか音叉時計がレギュラーコレクションとして復活してほしいところです。

オススメ記事

  1. エントリーユーザーにオススメ!

  2. 最強のオメガ誕生!

  3. 死ぬかと思った。。。

  4. スマートウオッチが欲しい

  5. 今こそ買うべき? 生産終了のエクスプローラーⅠ

  6. 買おうか、どうしようか。。。

  7. 気になる存在

  8. あのスイスブランドもスマートウオッチを発表

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計