またまた買ってしまいました。

編集部、佐藤です。
またまた買ってしまいました。

RIMG0004.JPG
ブローバ プレシジョニスト!!
いやはや、これでプレシジョニストは3本目であります。
流れるように動く針がたまらないんです。
クレアモント、シャンプレーンに続く今回は、ロングウッドを手に入れました。
3本のうちでもっともシャープでモダンなルックスをしております。
しかも、今回は初のブレス仕様でずっしりとした重量感もグッドです。
RIMG0005.JPG
さらに、でかいがケースは薄め。
さらにさらに、
RIMG0010.JPG
装飾も凝っています。
まだブレスのコマ詰めをしていないので着用できませんが、早々にもしようかと。。。
デザインは違えど、なんで同じようなものを手にしてしまうかといえば、、、

シチズンさんが作ってくれないから!

ブローバブランドは2008年にシチズンさんに買収され、今はシチズンの関係会社。プレシジョニストのムーヴメントは日本製なのですが、ムーヴメントに「BULOVA」「JAPAN」の文字が見られるだけ。明言はされていませんが、おそらくシチズンさんがムーヴメントの製造に絡んでいるはず。
個人的には、下手な機械式よりもスイープセコンドのクォーツの方が遥かに魅力に感じます。年差10秒の高精度とも言われてますし。
外装などの作り、そして鑑賞に堪え得る仕上げがムーヴメントになされれば10万、20万円でも買いたいくらいです。
ですが、プレシジョニストのイマイチなところはそこなんです。ムーヴメントも作りも価格なり、という感じが否めないんですね。
まだまだ市場に投入されたばかりなのでわかりませんが、ムーヴの仕上げも外装もクオリティの高いモデルが出てきたら、正直「高級」ともてはやされている機械式の驚異になるかもしれません。
このスイープセコンドのクォーツは大きな可能性を秘めていると思えてしょうがありません。
シチズンさんは現在「電波時計」「エコ・ドライブ」路線で腕時計を発表していますが、これにスイープセコンドが加わったら鬼に金棒な気がしますが、スイープセコンドをもつモデルはリリースされないのでしょうか???
エコ・ドライブ電波のスイープセコンド。そんな日がいつか来ないかなぁ。。。

オススメ記事

  1. こりゃー、いよいよ動きありか!?

  2. あなたの時計は大丈夫?

  3. この世の終わりに着けたい腕時計!?

  4. いま、時計はやっぱりスペインが熱いのか!?

  5. 眠いけれども。

  6. 「WATCH MANIACS」#001/ENICARの新作

  7. あのアートコード タワー エッフェルの第2弾が出るそうな。

  8. 欲しいーーー!!!

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計