所有者求む!

編集部、佐藤です。
今日はサクサクッといきたいと思います。

以前から欲しいと思っている腕時計があります。それは・・・
MOVE01.jpg
これでわかる人は、そうとうの時計好きの人でしょう。
ミネルバのピタゴラス
でございます。
ピタゴラスではスモールセコンド仕様のCal.48、センターセコンド仕様のCal.49があるんですが、僕が気になっているのは、スモールセコンド仕様のCal.48搭載のほうです。
時分針にスモセコという必要最低限の機能で、フェイスもいたって普通なんですが、妙にひかれます。
機械は結構凝っていて、チラネジたっぷりでスワンネック緩急針を備えていて味があって良いんです。
そして、機械の見た目のバランスが良いというのが見逃せません。それにはワケがありまして・・・
MOVE02.jpg
このムーヴメント、その設計がいわゆる黄金率(ベストバランス)に由来しているんです。
そもそも、このモデルの名前にピタゴラスとありますが、ピタゴラスの定理などで知られる古代ギリシアの数学者、哲学者である、あのピタゴラスからきています。ピタゴラス学派、ピタゴラス教団と呼ばれる独自の哲学学派は五芒星をシンボルマークにしていたようですが、古くから黄金比で構成されている図形は美しいとされており、単純ながらも黄金比を数多く含む五芒星は美しい図形の代表格とされているんですね。
このピタゴラス。それほど高いモデルでもなく、かつてはそこそこ市場で見ることもできたようですが、今では市場から姿を消してしまいほとんど見ることができません。さらにミネルバは、ミネルバ名では時計を作ることを止めてしまい、現在はモンブランの傘下に収まり高級ムーヴメントの開発をしており、表舞台には出てこなくなってしまいました。
今のところ、モンブランからこのCal.48、49絡みの腕時計は出ていません。出たら欲しいという人、結構いると思います(僕がその一人です)。
ぜひ実物をこの目に焼き付けたいのですが、いかんせんないものはない。
そんなわけで、所有しておられる方!
ぜひとも、編集部までご一報を!!!

オススメ記事

  1. 悪魔の囁き

  2. ロレックスの日本限定モデル

  3. 人間の手で製作された最も複雑な時計

  4. やたらと流行っているブロンズウオッチ

  5. ネットオークションにハマりそうです……

  6. 高級車1台分くらい売れちゃうそうです。

  7. 今年のバーゼルワールド

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計