やっぱりスゴいパテックのワールドタイマー

編集部、佐藤です。
本日は腕時計の購入ネタがないので、気になった話題をひとつ、取り上げてみたいと思います。

パテック フィリップで高値が付くモデルはたくさんありますが、そのなかでも有名なのがワールドタイマーであります。
かつてアンティコルムで5億円という驚異の落札価格をマークしたのも、ワールドタイマーでありました。
世界各地の都市名を刻んだディスクを動かす動かす度に時針が1時間ずつジャンプし、その都市のローカルタイムを表示するという、簡単操作のルイ・コティエ式ワールドタイムは最も成功したワールドタイムモデルとして知られています。現行モデルでも1000万円以上はするという代物。5億円には遠く及びませんが、最近もアンティコルムに出品されたモデルが高値をマークしています。
それがコチラ↓↓↓
469-01.jpg
469-03.jpg
太く、見るからに作りの良い針は、何とも個性的なシェイプ
469-02.jpg
エッジもしっかりとしたラグは状態の良さを物語っております
1953年に製作された、2523 HUの型番をもつワールドタイマーで、文字盤のゴールドセンターにギョーシェを施したモデルであります。オークションに始めて登場するモデルで、オリジナルオーナーの家族からの出品。
落札予想は、50万から70万スイスフラン(日本円で約4500から6300万円)というものでしたが、結果は予想を上回る99万スイスフランで、日本円で約8613万円という価格で落札されました。※画像はアンティコルムさんのホームページより転載しました。
う〜ん、やっぱりスゴイ。
こんなものは当然手が出ませんが、世界各地の都市名を刻んだディスクを動かす動かす度に時針が1時間ずつジャンプし、その都市のローカルタイムを表示するというワールドタイムがかつてチックタックさんで発売されていたのを思い出しました。
それがコレ↓↓↓
MIM-02W.jpg
チックタックさんのオリジナルブランド、ムーブメントインモーションにあったモデルで、クォーツですが、ベゼルを回すと時計の針が自動で▲マークが示す都市の時間に変更されるという代物でした。クォーツなので、価格は2万円ちょっとで買えたんです。発売された当時も欲しいなぁと思っていましたが、今さらながら買っときゃ良かったと思うモデルでございます。
どっかにまだ置いてないかなぁ。。。

オススメ記事

  1. 欲しい〜〜〜!!

  2. やっぱりチュードルが面白い!

  3. 8月30日に出ます!

  4. 使えるスマートウオッチが欲しい

  5. 注目のアレが続々日本上陸中!!

  6. サイケデザイン再ブーム!?

  7. 欲しいーーー!!!

  8. 欲しい〜〜〜!!

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計