この世の終わりに着けたい腕時計!?

編集部の佐藤です。
突然ですが、「2012年人類滅亡説」ってご存知ですか???

2012年人類滅亡説いうのは『マヤ文明において用いられていた暦の1つ長期暦が、2012年12月21日から12月23日頃に1つの区切りを迎えるとされることから連想された終末論の1つ』(wikipediaより)らしく、映画『2012』の元ネタでもあります。
そんなことから、人類は今年滅ぶだの、いやいや新しく生まれ変わるだとか、はたまた世界のシステムが変わるとか、いろいろいわれております。まぁ、今の世の中を見ていると、ユーロ危機やいわゆるアラブの春のほか、アメリカや中国の覇権争いなど、先行きが不透明で、滅んでもしょうがないんじゃないか、と思ってしまいます。
そもそも、マヤ暦って何?って話ですが、コレはどっかで見たことがあるんじゃないでしょうか?↓↓↓
A1497_Z1.jpg
マヤの円状カレンダーと呼ばれるものです。何だかコレ、あれに見えませんか?
DB25_IX-Mayan-underworld_close-up.jpg
なになに?よくわからないって? では・・・
DB25_IX-Mayan-underworld.jpg
腕時計の文字盤に似てませんか!?
と、つらつらとやっぱり無理矢理時計ネタに絡めてしまいましたが、コレ、今年ドゥベトゥーンから発表された新作モデルなんですが、ある意味今年のトレンドど真ん中の腕時計じゃありませんか。
やっぱり結構なお値段なんでしょうが、懐に余裕のある方は今年の12月21から23日をこの腕時計とともに迎えてみてはどうでしょう。

オススメ記事

  1. 小振りサイズの真の実力!?

  2. リーズナブルでデザインもばっちり!

  3. やっぱりカッコイイな!

  4. やっぱりスゴいパテックのワールドタイマー

  5. 今買うなら・・・

  6. あなたの時計は大丈夫?

  7. 魅惑のインター、音叉時計

  8. 白熱するスマートウオッチ開発

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計