なつかし、いいね!

編集部、佐藤です。
今にはじまったことではないですが、近年の腕時計のブランドを見ていて感じることがあります。

それは何かといいますと、
随分と懐かしのブランドが増えたなぁということ

1970年代を境に、機械式腕時計を主力としていたスイスブランドの多くは、クォーツの登場とともに事業の縮小を余儀なくされたわけですが、なかには倒産し、消えていったブランドがいくつもありました。
高級機械式腕時計が再び息を吹き返した今では、消えていったブランドがいくつも復活を遂げ、機械式腕時計を再び生産するようになったほか、細々と製造を続けていたブランドも大グループの傘下に入ったりと、いろいろ、いろいろあるわけです。
と、話を無理矢理繋げてしまいますが、時計好きの皆さんならわかって頂けると信じておりますが、昔懐かしのブランドの原稿アイテムを見ると、何だかほっこりしませんか?
良い意味でも悪い芋でも、あのブランドの腕時計って、今はこんななんだ、と。
さらに無理矢理ついでにちょいと気になった懐かしいブランドの新作を見つけました。
M8340.4.23.1-engraving.jpg
ミドーでございます。
今ではスウォッチ・グループの一翼を担うブランドとなっていますが、残念なことに日本では展開しておりません。
ミドーといえば、ロレックスのバブルバックと並んで、自動巻き腕時計の先駆けのひとつとなったマルチフォルトだったり、通常の時分針、クロノグラフの分・秒針が全てセンターに集約させたマルチセンタークロノグラフなど、なかなかの逸品を世に送り出したブランド。
新作はクロノメータ—を通したETAを搭載したもので、デザインは丸っこくてレトロな感じです。現在のミドーはこんな感じなんですね。
いまでは懐かしのブランドもほぼ出尽くした感がありますが、もっと懐かしくも新しいブランドが増えるとうれしいですな。

オススメ記事

  1. エントリーユーザーにオススメ!

  2. 今年の大注目はコレでしょ!

  3. 新作発表会に行ってきました(・∀・)

  4. 鋭意制作中!

  5. あのスイスブランドもスマートウオッチを発表

  6. 買おうかなー

  7. 日本には新たなブランドが必要だ。

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計