JWTGウォッチショウ

編集部、佐藤です。
この前の日曜日のことですが、川崎の川崎市産業振興会館で開催された「JWTGウォッチショウ」へ行ってきました。

マニアな時計売買の場「JWTGウォッチショウ」ですが、当初は時計ディラーさんだけが参加できる業者間売買の場として開催されていましたが、このところは一般の時計コレクターさんにも開放されることになり、時計ディラーさんはもちろんのこと、コアな時計ファンの方なら知らない人はいない、時計ファンには欠かせないイベントのひとつになっています。
イメージとしては、時計オンリーのフリマでございます。
そんなわけで、時計雑誌編集者の端くれとして、これは参加せねば、ということで、行ってきたのであります。
12:00から開始されておりましたが、自分が到着したのは13:00過ぎ。
すでに何人も人が会場で時計を物色しており、さらにさらにめぼしいものは既に販売されたあと。
まぁ、もとより高いものは買うつもりはなかったので問題ないんですが、やっぱりせっかく行ったからにはなにか欲しいなぁと物色していると、琴線を刺激する1本が。
主催のアンティークすが井さんのケースに並べられていた、なんだかよくわからないスモールセコンドの腕時計に興味を引かれ、価格を聞いてみると2万5000円のこと。さらに機械を見せてほしいとお願いすると、快く開けてくれ、中を確認すると、エベルのチラネジの手巻きムーヴメントが搭載されておりました。
見せてもらっておいてなんですが、エベルの手巻きといわれてもあまりピンと来ませんでしたが、アンティークにしては比較的大きめなサイズだったので、普段使いに良いか、と迷ったあげくに購入してしまいました。
時計を手に入れたのは、良いのですが、どうにもベルトが。。。
そんなわけでマニアな品揃えがたまらない「キュリオスキュリオ」さんが当日出店されていたので、購入した時計に合うベルトを即購入。意気揚々とその日は家路に着いたのでありました。
家に到着し、明日早速着けていこうかとテンション高めであったのですが、どうしてももう一度まじまじと機械を見たくなり、ケースバックを外して中を確認し、再びフタを閉めたところ『パキッ』と嫌な音が。。。
不幸は突然やってくるのです。
油断して風防に力をかけすぎてしまい、粉々割れてしまったのです!そんなわけで、今回写真を掲載したかったのですが、一度も腕にはめることなく、即入院。
そんなこんなで、なんだか残念な終わりになってしまいましたが、「JWTGウォッチショウ」時計好きにはたまらないイベント!
次回は6月に開催されるそうので、ぜひ時計好きの方は行ってみてください! きっと次回も私、会場をウロウロしているかも!?

オススメ記事

  1. 久々に・・・

  2. いよいよ来ました期待の新作!

  3. 今年のバーゼルワールド

  4. まさかのピタゴラス復活!?

  5. やっぱりカッコイイな!

  6. ものづくり日本

  7. 手巻き時計が欲しい

  8. 今買うなら・・・

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計