何だかな〜。

編集部、佐藤です。
先日ついに、バーゼルワールド2013が開催されました。

今年の(も?)バーゼルワールドで注目していたのはロレックス。
ブログでも何度かコメントしてきましたが、今年はデイトナ誕生から50周年という記念すべき年。
フルモデルチェンジ! を期待していたのですが、ふたを開けてみれば何とセラミックベゼルベゼルのプラチナ使用。文字盤はアイスブルーカラーです。
ん〜。まぁ、かっこいいことはかっこいいんですが。。。
なんといいますか、はっきり言ってしまうと、
も・の・足・り・な・い・!!
ここ数年のロレックスでは、イナズマ針のミルガウス復刻やシードゥエラーが進化したディープシーの登場、さらには全くの新型、スカイドゥエラーの投入など、時計好きをアッと言わせてくれるサプライズがあったのですが、そういったことを期待していただけに、ものすごく肩すかしを食らった感じが否めません。
まぁ、近年のロレックスにはアップルにも似た過剰な期待を抱いてしまう傾向があったので、本来はこういうバリエーションの発表が本来の流れなのかもしれませんが。。。
正直なところ、デイトナは期待はずれ感たっぷりでございます。
一方、2トーンベゼルのGMTやSSのヨットマスターⅡなど、ほかの新作のほうが意外と豊作な感じがしています。
また、個人的に心躍ったのはチュードルです。
今年の新作として登場したのはコチラ↓↓↓
Ambiance_pr\202-BSW_BIG.jpg
ヘリテイジ クロノのブルーカラーバージョン!
こちらもいわばバリエーションで機能的になにか変化があるわけではないんですが、昨今のチュードルはトレンドを押さえ、欲しいと思わせてくれる時計に仕上げてくる感じが、本家ロレックスよりもかなり魅力です。
日本への上陸は当面先でしょうが、ロレックスよりもチュードルの新作の方が気になっております。。。

オススメ記事

  1. トゥールビヨンが夢の2万円台!?

  2. 眠い目を擦りながら・・・

  3. 8月30日に出ます!

  4. 知ってました!?

  5. ロングリザーブモデルが欲しい

  6. Apple Watchを触ってみた。

  7. いよいよSIHH間近!

  8. ロレックスの2010年新作モデルが遂に発表に!

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計