なんと世界でたった1本!


Walter Lange von der Uhrenmanufaktur Lange und Söhne vor der B


A.ランゲ&ゾーネのプレSIHHモデルがスゴイ!


ご存じだとは思いますが、スイスで毎年3月に、主要な時計ブランドがその年の新作モデルをお披露目する見本市、バーゼルワールド。そして、それに先立ちリシュモングループの時計ブランドが主体となって1月に新作を発表するのがSIHH(開催は2018年1月15日〜19日)、通称ジュネーブサロンであります。

 

そのSIHHまで残すところ1カ月あまりに迫った12月7日。リュシュモングループに属する時計ブランドのひとつ、A.ランゲ&ゾーネからプレSIHHモデルとして、とても興味深い新作が発表されたのでご紹介しましょう。

Print

●プレSIHHとして発表された「1815“ウォルター・ランゲへのオマージュ”」。

 

このプレSIHHモデル。実は同ブランドの創業日である12月7日に毎年行われている恒例行事。ただ今回は、ある重大な出来事があったため、かなり特別な内容になっていました。それは、2017年のSIHH開催中に他界した、ランゲ家の4代目当主にして1990年のA.ランゲ&ゾーネ再興の立役者であるウォルター・ランゲ氏(上の写真)にちなんだものとなっているからです。

 

「彼の人生を永遠に記憶に留めるために開発した、特別な限定モデル」と発表されたこのモデル。最大の特徴は「ジャンピングセコンド」を搭載している点。簡単に説明すると、これは機械式ムーヴメントの特徴である、秒針が滑らかに運針するスイープ運針ではなく、機械式でありながらあえてクォーツのように1秒ごとにステップ運針させるというものです。

 

でもちょっと不思議じゃないですか。よく見るとセンターセコンドとスモールセコンドの両方ありますね。実はコレ、創業者であるフェルディナント・アドルフ・ランゲが1867年に開発し、当時、クロノグラフのランゲ懐中に搭載された「スタート・ストップ機能付きステップ運針式センターセコンド」に倣ったもので、厳密にはセンターセコンドは当時のようにクロノグラフ機構(つまりクロノグラフ秒針)を利用して表現しているようなのであります。。。。

  詳しくはWatch Madia Onlineのa-slさんのブログをご覧ください。

Steel

そして、驚きはステンレススチールケースを採用したモデル(上の写真)が同時に発表されこと。恐らく公式にはランゲ史上初なのでは(間違っていたらゴメンナサイ)。しかも、限定1本というのもスゴイ!。今回がいかにスペシャルかがおわかりいただけるでしょう。ちなみに、このスティール・エディションは2018年に開催されるオークションに出品し、その収益金は慈善活動の支援のために寄付されるそうです。

 

■『1815“ウォルター・ランゲへのオマージュ”』。
K18YGケース:世界限定27本 (復興から今日までの歳月にちなんで)
K18WGケース:世界限定145本 (F.A.ランゲがブランドを興した1845年から再興の1990年までの年月にちなんで)
K18PGケース:世界限定90本(ウォルター・ランゲが商業登記した1990年にちなんで)
※参考予価 各47000ユーロ(※ドイツVAT税込)、2018年9月以降発売予定。

kikuchiのいまどきの腕時計考

 

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」、近年では女性向けウオッチマガジン「ワッタイム」と、時計関連の雑誌を次々に生み出す。最近はアンティークウオッチのテイストを再現した時計、SHC(ゾンネ・ヒストリカルコレクション)の企画・監修も行っている。

関連記事

  1. 勝手に実機でインプレッション【3回】ノモス・グラスヒュッテ

  2. 【回想】世界遺産、ベルンの時計塔と桜

  3. 「アウトライン(OUTLINE)」裏話【第2回】まったく予想もしなかっ…

  4. あるようで無かった月齢表示

  5. いよいよ今週土曜日(4/29)オープン

  6. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.07】ジャガー・ルクル…

  7. コンビニの話しで大盛り上がり!

  8. 「新エアキング」3つの気になること。。

ロレックス

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計