ラング&ハイネ初のトゥールビヨンを発表 BASEL2018

PowerWatch WATCH NEWS|Lang & Heyne/ラング&ハイネ/ANTON/アントン

ザクセン州の首都ドレスデンに工房を構える独立系ブランド、ラング&ハイネ。往時の宮廷時計の伝統を受け継ぐ時計作りを現代に貫き、部品の95%を自社で作り上げるという、徹底したハンドメイドにこだわる独立系ブランドである。そんなラング&ハイネは、今年のバーゼルワールドにおいて長年アイデアを温めていたというトゥールビヨンを完成させ、その搭載モデル“ANTON(アントン)”を発表した。

トゥールビヨンといえば、ここザクセン州グラスヒュッテとのゆかりは意外にも深い。1900年代前半、グラスヒュッテ・ドイツ時計学校の教授を務めたアルフレッド・ヘルウィッグが、トゥールビヨンを支えるためのブリッジをなくしたフライングトゥールビヨンを完成させ、ムーヴメントの薄型化を実現したという歴史がある。

ラング&ハイネのトゥールビヨンは、そんな伝統に従い、非常に繊細で軽量、しかも琴座型という、とても独創的なスタイルのケージを備えているのが特徴だ。ムーヴメントは2017年に発表されレクタンギュラーモデル、GEORG(ゲオルク)に搭載された、同社初となる角型のキャリバー8を改良したキャリバー9。つまり9番目の自社製ムーヴメントということになる。

グランフー・エナメルダイアルには、レイルウエイトラックに古典的なアラビア数字、そして中央にはランセット型の美しい時分針がセットされるなど、アールデコ調かつ歴史を感じさせるような味わい深い作りである。そして6時位置に設けられた大型の開口部からは、繊細なトゥールビヨンのケージを見ることができる。また、シースルーの裏ブタから見られるムーヴメントの独創性と美しさも圧巻。刻印されたブランドロゴの両サイドには、ラング&ハイネの新しいマスターピースを象徴するように、さり気なく二つのダイヤモンドがシャトン留めされているのが見てとれる。ちなみに、ANTONとは、ザクセン選帝侯フリードリッヒ・クリスティアンの 5 番目の息子(1755年12月27日〜1836年6月6日 )の名に由来する。(文◎菊地吉正)

PowerWatch WATCH NEWS|Lang & Heyne/ラング&ハイネ/ANTON/アントン


ブランド名


Lang & Heyne/ラング & ハイネ

モデル名


ANTON(アントン)

型番




ケース素材


K18ローズゴールド

ベルト素材


アリゲーター(裏地はシャークレザー)

サイズ


40×32㎜サイズ

防水性


3気圧防水

ムーヴメント


手巻き(Cal.Ⅸ、55時間パワーリザーブ)

税別予価


1380万円

機能・特記事項


ワンミニット フライング・トゥールビヨン。プラチナモデル(税別予価1580万円)あり

オススメ記事

  1. PRO TREK(プロトレック)初! クワッドセンサーとスマートフォン…

  2. 【ドイツ時計のニュージェネレーション】“リリエンタール・ベルリン”が日…

  3. 上品なコンビブレスで登場! フランスの老舗ウオッチブランド、“ミッシェ…

  4. 悪魔再び! ブローバの伝説的コレクション“デビルダイバー”から新色モデ…

  5. 【知られざるフランスの老舗】“BERTHET(ベルテ)”が最新モデル“…

  6. ボール ウォッチの“マーベライト”よりレインボーカラーの自発光マイクロ…

  7. 新作時計を価格別に紹介!【50~100万円】

  8. シチズンが新たに発表したスマートウォッチ、“Eco-Drive Rii…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計