アーティアがCOSC認定のインハウスムーヴメントを発表


bnr_Watchtopics_20180418a

 

 

 スイス・ジュネーブの独立系時計ブランド、アーティアが独自に開発したCOSC認定の新ムーヴメント“AION(アイオン)”をバーゼルワールド2018で発表した。
アーティアでは過去に独自のトゥールビヨンやミニッツリピーター、永久カレンダーなどを発表してきたが、今回発表されたのは、COSC認定のシンプルな3針自動巻きムーヴメントだ。
 この新しいインハウスムーヴメントは、“Son of Earth(サン・オブ・アース)”、“Son of a Gun(サン・オブ・ア・ガン)”、“Son of Art(サン・オブ・アート)”の3つのコレクションに搭載されるが、購入に際して、ETAのエボーシュムーヴメントか、アップグレードして新ムーヴメントに変更するかを選択することが可能になっている。なお、アイオンのスペックは以下の通りとなっている。

bnr_Watchtopics_20180418b

<アーティア独自開発のCOSC認定自動巻きムーヴメント“AION(アイオン)”>
今回発表された新しいアーティア独自のインハウスムーヴメントは、 ローズゴールド、NAC、コート・ド・ジュネーブ装飾など、様々な仕上げ処理を駆使し、光が当たった時に最も美しさが引き出されるように設計された
【“AION(アイオン)” スペック】
■グレード:COSC認定
■巻き上げ方式:自動巻き
■機能:時・分・秒(センターセコンド)表示
■パワーリザーブ:約42時間
■振動数:毎時2万8800振動
■その他:スイス製。5Nゴールドロジウム仕上げのオリジナルローター

 

【問い合わせ】
グローバルブランディング
☎ 03-3666-7871
http://artya.jp

 



関連記事

  1. コンスタンチン・チャイキン氏の手がける腕時計“ジョーカー”が日本本格上…

  2. 70年代に発表されたシチズン幻のプロトタイプが、現代の機能で復刻!

  3. シチズンが新たに発表したスマートウォッチ、“Eco-Drive Rii…

  4. 気になる時計情報を独自の視点で解説/Brand New Scoop「D…

  5. ファーブル・ルーバが東京ヤクルトスワローズのスポンサーに

  6. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.08】パネライ

  7. 連載記事-古典顔愛好会“エクステンションブレス編”

  8. “TISSOT(ティソ)”のスタンダード3針モデルから日本限定モデルが…

ロレックス

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計