ユンハンス <テラスビルディング>100周年記念モデル

マイスタークロノスコープ

 

デザイン的特徴を取り入れたアニバーサリーリミテッド

20世紀初頭、世界最大のクロックメーカーであった名門ユンハンス。
その当時の旺盛ぶりを物語るもののひとつが、建築家フィリップ・ヤーコブ・マンツが設計し、1918年に完成したテラスビルディングだろう。
効率よく採光できるよう、山の傾斜に沿って階段状に建設されたこのテラスビルディングは9段からなる大きな建物で、以降の数十年間、ユンハンス工場をセンターピースとして稼働した。

テラスビルディング

現在のユンハンス本社ビルより見えるテラスビルディング。現在は改修が行われミュージアムとして活用されている

そして2018年。このテラスビルディング完成100周年を記念したリミテッドモデルが発表されたのである。

ベースとなっているのは、1931年の発表以来、バランスのとれた文字盤デザインとプロポーションで今日もユンハンスを代表するマイスターコレクションのクロノスコープ。
テラス建物の壁装飾物の湾曲したデザインを取り入れた文字盤のミニッツトラックや、グリーンの壁タイルのデザインを反映したワニ皮革製のバンドが採用されるなど、テラスビルディングのデザイン的要素が加えられている。
さらに裏ブタにはテラスビルディングの刻印入りだ。

マイスタークロノスコープの裏ブタ

裏ブタにはテラスビルディングが刻印される

このリミテッドモデルは18金ローズゴールド仕様(100本限定)とステンレススチール仕様(1000本限定)が用意されていたが、残念ながら前者は先行販売されたドイツ国内ですでに完売済みとのこと。

マイスタークロノスコープのゴールド仕様

18金ローズゴールド仕様は100本限定ですでに完売

他方、スチール仕様は1000本限定とは言え、その人気ぶりを考えると完売は必至だろう。5月中には日本国内で発売が開始されるとのことだが、購入を考えているなら、早めの決断をおすすめしたい。

INFORMATION


ブランド名 JUNGHANS/ユンハンス
モデル名 マイスター クロノスコープ テラッセンバウ
型番 Ref.027 4729.01
ケース素材 ステンレススチール
ベルト素材 レザー
サイズ 40.7㎜(13.9㎜厚)
防水性 3気圧防水
ムーヴメント 自動巻き(Cal.J880.1)
税込み価格 31万8600円(世界限定1000本/予価/2018年5月発売予定)
マイスタークロノスコープの正面

 

問い合わせ:ユーロパッション TEL.03-5295-0411 www.europassion.co.jp/junghans

オススメ記事

  1. MIDO(ミドー)からヴィンテージテイストの新作“マルチフォート パト…

  2. どこにでも着けて行ける! CITIZEN ATTESA(シチズン アテ…

  3. ケース厚わずか約7mm! ピアジェの“アルティプラノ”から新作のトゥー…

  4. 「ゴ・エ・ミヨ 2019」の出版記念受賞式にて編集長で司会の宮川俊二さ…

  5. 芸術の秋、スウォッチとティッセン美術館がコラボしたアートウオッチはいか…

  6. “シチズン エコ・ドライブ ワン”のスーパーチタニウムモデルに初めてデ…

  7. ウブロが新たな時代を象徴する新作“ビッグ・バン ミレニアルピンク”を発…

  8. 【10〜20万円台】第2回・編集部が注目した6機種を実機レビュー「ジン…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計