ストーヴァの新作を携えシャウアー氏が来日

ヨルク・シャウアー①

 

STOWA

ストーヴァ

 

ストーヴァの新作を携えシャウアー氏が来日


去る6月8日・9日に、ストーヴァを率いるヨルク・シャウアー氏が来日を果たした。
今回の目的は、同ブランドにとって重要なマーケットのひとつである日本での新作披露だ。

その新作とは、「若い人たちにもストーヴァの時計をもっと楽しんでもらいたい」というシャウアー氏の想いから誕生した、定番のフリーガーとアンテアのエントリー版である。
「スチールであったりサファイアガラスであったりといった素材は変えずに、ムーヴメントや針など主に装飾的な部分で職人の作業工程をいくつか減らすことで、価格を下げることに成功しました。一方で、デザインはまったく同じではなく、同じシリーズであっても手を加えてどこかに遊びを取り入れていくというのが私の哲学です」

 例えば、フリーガーの場合。新作ではインデックスや針がひと回り大きくなり、さらにスーパールミノバを塗布して視認性を向上させた。そしてケースは従来のポリッシュ仕上げからサンブラストのマット仕上げに改められ、より計器然とした印象を高めている。他方のアンテアでもインデックスの長さを変更するなど、意匠に手が加えられ、よりモダンな雰囲気を高めている。
フリーガーの既存モデルと新作
左がフリーガーの既存モデルで、右が新作のフリーガー ウェールス

「いつくかの工程を減らしていますが、若い人にもっと機械式時計の面白さや良さを知ってもらいたいと想いがあり、精度やケースの仕上げなど手をかけるべき工程にはきっちり時間をかけています。もちろん既存モデル同様、完成前の最終チェックはすべて私自身が行い、クオリティ管理も徹底しています。あくまでエントリー版であって量産品でないのです」

 

フリーガー ウェールス

フリーガー ウェールス

SS(40㎜径)。5気圧防水。自動巻き(ETA 2824-2 basic version)。10万8000円

アンテア 1919

アンテア 1919

SS(39㎜径)。5気圧防水。自動巻き(ETA 2824-2 basic version)。10万8000円(2018年9月発売予定)

シャウアー氏が最後に語った「量産品ではなくエントリー版」という言葉は、オーナーという立場からというよりか、むしろ職人としての矜持から出た言葉であろう。確固たる信念のもと、ひとつのプロダクトを仕上げるというシャウアー氏の時計作りへの姿勢はいまも昔も変わらない。
だからこそ、ストーヴァは多くの時計愛好家から支持され、急成長を遂げることができたのだろう。

 さて、もうひとつ気になるのは、休眠が発表されたシャウアーブランドである。
「需要があるのはありがたいのですが、ストーヴァが急成長し、年産が4500〜5000本に達しているため、製作に割ける時間が少なくなってきてしまいました。シャウアーは私自身のブランドで思い入れも強いため、いつかはきちんと復活させたいと考えています」とのこと。
この言葉どおり、いつの日かシャウアーブランドが再始動されることを期待したい。
(写真/人物◎服部希代野)
ヨルク・シャウアー②
ストーヴァのオーナーであるヨルク・シャウアー氏

 

問い合わせ:スピンドル新丸の内ビルディング店 TEL.03-3211-5117
http://www.tictac-web.com/brandlist/detail/?bid=60&/

 

関連記事

  1. 洞窟探検にインスパイアされた、リトアニア発の本格ダイバーズウォッチ

  2. 世界に1本だけの時計が出品。難病研究を支援するチャリティーオークション…

  3. DKSHジャパンがベルギーの時計ブランド、レッセンスの取扱いを開始

  4. 希少なDUFA(ドゥッファ)の日本未発売モデルを、期間限定で特別販売

  5. 【同じオーダーは2度と受け付けない】スペイン・バルセロナ発の“アトリエ…

  6. 女性編集者セレクト 夏にオススメしたいシーン別ペアウオッチ3セット

  7. 世界初のクオーツ式腕時計が「未来技術遺産」に登録!

  8. アワード受賞者にランゲの特別モデルを贈呈

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計