日本製腕時計の新鋭、MASTERWORKS(マスターワークス)に注目!

pw24439
世界中の職人が生み出す一流の素材を、日本の工場で組み立てるという品質重視の時計を目指して今年発進した日本発の注目ブランド、MASTERWORKS(マスターワークス)が本格展開を開始。ケースはスイスの時計業界に従事していたデザイナー・ディエゴ ボトガーが手掛け、裏ブタやベゼル、ラグなどを分割した4ピース構造を採用、ケースやストラップにも上質な素材を採用するなど、デザイン、品質ともにこだわりが光る。

“MASTERWORKS(マスターワークス)”は、2018年に日本で誕生した新鋭ブランド。名の由来は、MASTER(=匠)WORKS(=作品)を組み合わせて作られており、世界中の職人が生み出す素材を活用したオリジナリティー溢れるデザインにこだわりつつ、信頼できる日本の工場で組み立てた品質の高い時計を、納得できる価格で展開していく、という製品哲学を特徴としている。

そんな“MASTERWORKS(マスターワークス)”がまずこだわっているのが“デザインのオリジナリティ”だ。
ちまたに溢れかえる量産化されたシンプル系とは一線を画すデザインとアイディアで商品企画を行い、オリジナリティだけでなくファッション性も重視し、“お客様が潜在的に求めていたモノ作り”を追求。
スイスの時計業界に従事していたデザイナー・ディエゴ ボトガー(DiegoBottger)がデザインを手掛けており、最大の特徴ともいえるケースには、4ピース構造のオリジナルケースデザインを採用している。
同価格帯の時計ではコストを押さえた1ピース構造のケースを採用することが主流だが、“MASTERWORKS(マスターワークス)”ではケース、裏ブタ、ベゼルなどのパーツを4つに分けて組み立てることで、独創的なフォルムを実現し、同時に仕上げの品質を高めることに成功しているのだ。

 

《“MASTERWORKS(マスターワークス)”の特徴》

pw24454
特徴-其の一
Case
ケース素材には高品質なステンレススチールとして知られる316Lを使用し、20万円クラスの時計にも引けを取らない、こだわりの4ピース構造オリジナルデザインを採用。 部位によってポリッシュ、ヘアライン、サンドブラストと磨き分けを行い、特にベゼル部分はヘアラインをベースに、下部4ミリのみをポリッシュにすることによって立体感を演出している。

pw24455
特徴-其の二
Movement
全てのモデルで日本製ムーヴメントを採用。特に自動巻きモデルはSeiko Epson社製の通常は外販されないムーヴメントを搭載している。セミスケルトンの文字盤からは40時間パワーリザーブを備えた22石の自動巻きキャリバーを鑑賞可能。さらに文字盤の12時位置には巻き上げたゼンマイの動力を表示するパワーリザーブインジケーターを搭載。機械式時計ならではのメカニカルな機構が印象的だ。

pw24449
特徴-其の三
Belt
セットスルーのストラップは、イタリア中部ボローニャ郊外の有名時計革バンド専門工房にて全てハンドメイドで生産。表地には、しなやかで風合いを感じるイタリアンレザーを、裏地には汗や汚れへの耐久性に優れ高級車のシート素材にも使われるアルカンターラを貼り合わせている。革の種類や仕様はモデルのデザインによって異なるものを採用。バックルの使用感や機能美にいたるまでこだわりぬいた、上質な仕上がりとなっている。

0XA
Quattro(クアトロ) / 001
オープンハートのデザイン、パワーリザーブインジケーター、24時間表示を備えた機械式モデル。
■Ref. MW08SN-FDDBO。316Lステンレススチールケース、レザーストラップ。ケース径41mm。5気圧防水。自動巻き(セイコーエプソン製Cal.YN84)。3万8880円

 

pw24442
Quattro(クアトロ) / 002
近年のトレンドでもあるオーセンティックなツーカウンタークロノグラフだが、インダイアルを縦にレイアウトしたデザインが新鮮。メカニカルな雰囲気とスタイリッシュさを兼ね備えた魅力的なクロノグラフに仕上げられている。
■Ref. MW07SI-EDBKG。316Lステンレススチールケース、レザーストラップ。ケース径40mm。5気圧防水。クォーツ(セイコーエプソン製Cal.YM91)。2万9160円

nR0
Quattro(クアトロ) / 003
マスターワークスのエントリーライン。シンプルな3針のデザインをベースにしつつ、細かい凹凸を施した文字盤の仕上げ、アップライトインデックス、そして4ピース構造のケースが程よい個性を主張する。
■Ref. MW06SU-ECGY。316Lステンレススチールケース、レザーストラップ。ケース径39mm。5気圧防水。クォーツ(ミヨタ社製Cal.GL36)。1万9440円

【問い合わせ先】
ティ・エヌ・ノムラ 東京ショールーム(☎03-5791-2617)

関連記事

  1. アルネヤコブセンの人気シリーズ、バンカーズからブラックフェイスのクロッ…

  2. 女性編集者セレクト 木材をワンポイントに使った自然派時計4選

  3. 予算3万円以内! 編集部:船平のカジュアル時計レビュー/タイメックスの…

  4. ミッキーも登場、シチズン創業100周年を記念した“ムーンコレクション”…

  5. スマートウォッチ最新研究-【Part-1:スマートウォッチの基礎知識】…

  6. “UNITED ARROWS限定”、ガーミンのスペシャルウオッチがリリ…

  7. 連載記事-時計デザインの原点を辿る、古典顔愛好会“ワイヤーラグ編”

  8. フランスの時計ブランド“リップ”が、50年代のレトロなクロノグラフを復…

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計