シチズンの電波時計、Cal.7400も「未来技術遺産」に

bnr_Watchtopics_20180822a

シチズンの電波時計「Cal.7400」が国立科学博物館が選定する2018 年度の重要科学技術史資料「未来技術遺産」に登録

シチズン時計が1993年5月に発売した世界初の多局受信型電波時計「Cal.7400」が、国立科学博物館が選定する2018 年度の重要科学技術史資料である未来技術遺産に登録された。

bnr_Watchtopics_20180822b

Cal.7400の詳細はコチラ

Cal.7400は、標準電波を受信して時刻を合わせる電波時計で、世界で初めて日本・ドイツ・イギリス3局を切り替え受信する多局受信を実現した時計史に残る名品。受信用アンテナのサイズが大きく、時計上面に配置しないと受信できないなどの制約を、上面中央にアンテナを配置するユニークなデザインとして昇華したスタイルは時計好きから高く評価されている。多局対応の電波時計のさきがけとして発売され、シチズンの主力製品である電波時計、衛星電波時計の技術の発展を支える礎ともなった同社におけるマイルストーンモデルでもある。

未来技術遺産にはこれまで240件が登録されているが、シチズンの電波時計、Cal.7400の未来技術遺産の登録は、シチズングループとして初。なお、未来技術遺産の登録証授与式は2018年8月28日(火)に国立科学博物館で執り行われる予定だ。

 

 

オススメ記事

  1. “Blues With A Feeling” – さりげな…

  2. 【全品20%オフで買える】イタリアンブランド、LOCMAN(ロックマン…

  3. 【無駄のない精悍なデザインに惚れる】こだわりの“リバイバル系”ミリタリ…

  4. 腕時計のサイズは小さいほうが良い!? 40ミリ以下の“小顔時計”を手…

  5. 予算3万円台! 編集部:船平のカジュアル時計レビュー/ドイツの個性派“…

  6. セイコーウオッチが、日本初のグランドセイコーブティックを創業地・銀座に…

  7. 【オメガの2019年新作】充実の素材バリエーションを大量投入! 豊富な…

  8. アンダーンのマイケル・ヤン氏が新作モデルとともに来日!

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計