70年代に大流行した腕時計、“ツノクロノ”が進化して現代に復活

ここ数年ほど、時計界では過去のヘリテージをベースにした復刻デザインが人気となっている。今回は、機能とデザインの両面で新しい方向性が模索された1970年代のデザインをリバイバルした“復刻系モデル”に注目し、当時流行した通称“ツノクロノ”をベースにしたモデルを紹介しよう。

自動巻きクロノグラフ黎明期の個性的デザイン

1970年代の日本から世界に広がったクォーツショック。一般的に70年代はクォーツが勢力を増すなかで機械式時計が衰退する一方であったような印象だが、実は世界的に自動巻きクロノグラフの開発が激化した時代でもある。
有力ブランドが熾烈な競争を繰り広げるなか、69年にハミルトン・ビューレ、ホイヤー・レオニダス、ブライトリング、デュボワデュプラの4社が合同で世界初となる自動巻きクロノグラフを発表するのだが、デザインに注目して見ても、魅力的なクロノグラフが生み出されている。それが、ここでクローズアップしている復刻モデルの原点と言える通称“ツノクロノ”だ。
海外では“ブルヘッド(牛のツノ)”とも呼ばれ、オメガなど海外ブランドでも採用されていたのだが、通常はケースの右側に配置されるリューズとプッシュボタンが、 時位置にレイアウトされているのが最大の特徴。当時はアメリカとソ連の間で宇宙開発競争が本格化した時代。その影響を受けてスペースエイジと呼ばれる近未来的なデザインが流行していたが、ツノクロノの独特なデザインも、新しいデザインを模索するなかで生まれた、70年代ならではのヘリテージモデルといえるだろう。

“ツノクロノ”の源流は70年代の“チャレンジタイマー”
CT-4
ここで紹介するリバルバルモデルの源流といえるのが、1973年に発売されたシチズン初の本格的クロノグラフ機能付き腕時計、“チャレンジタイマー”。12時位置に配置されたリューズ、プッシュボタンに加え、流線形のケースなど、エッセンスが復刻モデルに受け継がれている。

》往年の“ツノクロノ”を、現代的にリバイバルした注目モデル

CT-Sd
CITIZEN PROMASTER(シチズン プロマスター)
シチズン100周年を記念した限定コレクション エコ・ドライブ クロノグラフ
2018年で創業から100周年を迎えたシチズンが光発電エコ・ドライブを軸として発表した特別な限定コレクションのひとつ。専門分野で活躍するプロ仕様のモデルとして信頼の熱いプロマスターのタフな仕様を継承しつつ、リューズとプッシュボタンを時計上部に配した“ツノクロノ”を彷彿とさせるデザインがこれまでにない独特の存在感を主張する。
CT-2
Ref.AV0077-82E。ステンレススチールケース&ブレス。ケースサイズ44.5mm。20気圧防水。光発電エコ・ドライブ。世界限定3000本。10万8000円

【問い合わせ先】
シチズンお客様時計相談室(☎ 0120-78-4807)
【<“シチズン プロマスター”の公式サイト】へ

緻密な設計により美観と機能性を両立
CT-Sa
ケース径は44.5mm、厚さ15.0mmとボリューム感のある立体的なデザインが目を引きつける。ラグを持たず、ケースに直接ブレスレットを設置する設計により、ブレスレットと手首のフィット感が高められているのもポイントだ

立体的なフォルムが腕元で存在感を主張
CT-Sb
デコラティブなカット加工を施した無反射コーティングサファイアガラス風防や、別体で成形と仕上げを施したパーツなど、外装のハイクオリティな作りはさすが。外周をカットした風防が光を反射し、文字盤の立体的な造形を際立たせている

見た目以上に快適な装着感もポイント
CT-Sc
ケース径44.5mmと大きめのサイズ感だが、手首に直接接するミドルケースを薄型に仕上げているので、実際のサイズよりも装着感は良好。オールグレーのカラーリングにより、個性的でありつつ精悍なイメージを際立たせている

 

CT-3a
INDEPENDENT(インディペンデント)
イノベイティブライン ブルヘッド
(左)Ref.BA7-018-11
(右)Ref.BA7-018-51
シチズンが展開するファッションウオッチブランド、インディペンデントからリリースされている独創的なテイスト、デザインが印象的なクロノグラフ。1970年代にシチズンから発売された“ツノクロノ”の通称で知られるヘリテージモデルをベースに、現代的なスタイルにアップデートしてシンプルでスリム、スタイリッシュなデザインにまとめ上げている。
CT-3
■ステンレススチールケース&ブレス。ケースサイズ42mm。10気圧防水。クォーツ。各2万1600円

【問い合わせ先】
シチズンお客様時計相談室(☎ 0120-78-4807)
【<“インディペンデント”の公式サイト】へ
【<“シチズン”の過去記事】へ
C-1

関連記事

  1. 大人カジュアルにハマる、“swatch(スウォッチ)”春夏の新作!

  2. シンプルだけど個性的、ベルギー発の注目ブランド、“KOMONO”の新作…

  3. 年末は腕時計も大掃除、プロが教える正しい“セルフメンテナンス”

  4. 注目作をユーザー視点で本音レビュー!話題の新作インプレッション/オリス…

  5. 30周年を迎えたプロマスターから、モンベルとのコラボモデル第三弾が登場…

  6. Nomad(ノマド)から、文字盤で神秘的な霧を表現した新作が発売!

  7. “ハミルトン”のカーキフィールドから、デイデイト機能搭載の新作が登場

  8. 日本未上陸ブランド傑作選/No.3 RGM Watch(RGMウォッチ…

ロレックス

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計