ブランド初の自社開発ムーヴメントを搭載する、ボール ウォッチの新作

約80時間のロングパワーリザーブと
クロノメーター認定を実現した自社ムーヴ

ボールウォッチから、毎時2万8800振動の高精度と約80時間のロングパワーリザーブ機能を実現したブランド初の自社開発ムーヴメント「ボールキャリバーRR7309-C 」を搭載した、新作「エンジニアM マーベライト」が発売された。

過酷な環境で重労働を行うレイルローダー(鉄道員)のために、タフで信頼性のある時計を提供し続けたボール ウォッチは現在も、使用を前提とした実用的な時計開発を行っているが、1891年から続く老舗ブランドとして、今後も安定的に時計を提供し続けることを目的に、近年ムーヴメントの自社開発を進めていた。

新作に搭載されたボールキャリバーRR7309-C。精度の安定を図るため、14型サイズのムーヴメントに合わせた大型ローターを取り付けることでゼンマイの巻き上げ効率を向上させ、さらには地板や香箱、ゼンマイのサイズアップと輪列受けの位置を調整することにより、金曜日の帰宅後に時計を外し月曜日の朝に時計をつけても駆動し続けるロングパワーリザーブとともに、スイスCOSCクロノメーター認定の高精度も実現した。ETA2824-2のムーヴメントをベースに約80時間のロングパワーリザーブ機能を確保し、実用性を向上させるとともに、メンテナンスの利便性も実用的であるためのひとつの要素と考え、様々なメーカーで使用され、パーツ流通量も安定しているETAのムーヴメントをベースに採用している。

ブランド初の自社ムーヴメント開発にあたり、ボール ウォッチはムーヴメント開発のエキスパートを招集。多数の独立時計師や独立系高級時計ブランドから依頼の複雑機構を搭載したムーブメント開発を行っていた時計師、フィ・ヴァン・トラン氏を迎えた。2015年にR&D部門のトップに就任した彼はベースにETAのムーヴメントを使用することについて、「数々のコンプリケーションウオッチの開発経験がある私にとって、素材や構造をゼロベースで開発することは決して難しいことではありません。しかし、そういった類の新キャリバーにしてしまうと、ある程度の時間が経たないと信頼性があるかどうかはわからない。ブランドエッセンスであるディペンダブル(高い信頼性)を大事にし、今回のムーブメントを開発しました」と述べている。

針とインデックスには、一切の蓄光を必要としない特殊な夜光用マイクロ・ガスライトを使用し、暗所での時刻の判読性を高めた。またレクタンギュラーのマイクロガスライトインデックスをシンメトリックに配した文字盤デザインに、ポリッシュ仕上げのケースを合わせ、控えめながら洗練されたイメージを演出した

 

商品スペック

ブランド名 BALL WATCH/ボール ウォッチ
モデル名 エンジニアM マーベライト
型番 Ref.NM2032C-S1CJ-BK
ケース素材 ステンレススチール
ベルト素材 ステンレススチール
サイズ 40㎜径
防水性 100m防水
ムーヴメント 自動巻き(Cal.RR7309-C)/約80時間パワーリザーブ
税込み価格 24万8400円
機能・特記事項 スイスCOSC認定クロノメーター/針・文字盤に17個の自発光マイクロ・ガスライト/5000Gsまでの耐衝撃性/シースルーバック

 

【問い合わせ】
ボール ウォッチ・ジャパン
☎︎ 03-3221-7807
ボール ウォッチの公式サイトはコチラ

関連記事

  1. ミッキー生誕90周年限定、ダミアン・ハースト製作のアートウオッチ!

  2. A.ランゲ&ゾーネのトゥールビヨンモデルに特別エディションが…

  3. 大坂なおみ選手が試合で着ける腕時計、最新モデルが発売決定!

  4. ベストセラーのアドミラルにウッド文字盤の個性派が登場

  5. 仏ジャン・ルソーが手がけるG-SHOCK用カスタムベルト

  6. 速報!ランゲ“ルーメン”シリーズに最新作が登場

  7. 初号機5000系の系譜を継ぐフルメタルG-SHOCKが登場

  8. 究極のクオーツ25年を祝う、キャリバー9Fの特別精度版

ロレックス

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計