「ドイツウォッチフェア 2018」がイセタンメンズ レジデンスで開催中

 

ドイツ固有のものづくり文化が育んだ
機能美にあふれるアイテムが集結

真摯なものづくりへの姿勢により、日本人とも国民性が似ているといわれ欧州を代表する工業大国を築き上げたドイツ人。
そんな彼らが手掛ける時計は、ムーヴメントへのこだわり、シンプルなデザイン性など、時計大国であるスイス製や日本製とも異なる魅力を備え、コレクターの心を掴んでいる。
現在、そんなドイツ時計ブランドが伊勢丹メンズ館8階のメンズウオッチコーナーに集結。メンズ館ならではの独立時計師による少量生産のメーカーや、強いデザイン性を備えたメーカーの個性あふれる新作など、様々なドイツ時計の魅力を紹介している。

★取扱いブランド

取扱いブランド

 

「ドイツウォッチフェア 2018」

■開催期間/2018年11月7日(水)〜11月27日(火)
■会場/伊勢丹 新宿店メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンス
東京都新宿区新宿3-14-1
■開催時間/10:00 〜 19:00 ※最終日(27日)は18:00閉場
■問い合わせ先/03-3352-1111(大代表)

<その他、ドイツ時計に関するニュースは【GERMAN WATCH.jp】へ>

関連記事

  1. ベヌーとアトゥムシリーズに加わった小径版

  2. 見どころが満載! クドケの自社ムーヴ

  3. 2017 ROTARY新作フェアが開催

  4. モリッツ・グロスマン初のレクタンギュラーモデルが登場

  5. ヴェンペがヘルベルト・グレーネマイヤー氏とのコラボモデルを発表

  6. ドイツ時計の魅力を再考する<グラスヒュッテ・オリジナル>

  7. ドイツ時計の魅力を再考する<ストーヴァ>

  8. ドイツ時計の魅力を再考する<モリッツ・グロスマン>

ロレックス

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計