受け付け終了迫る! 締め切りは12月7日(金)まで

高級時計専門誌として知られる「POWER Watch」や「Low BEAT」をはじめ数々の時計専門誌を刊行してきた菊地吉正が、これまで多くの時計に接してきた経験を生かして「ファッショナブルでアンティークテイストの時計にこだわって作りたい」と、自らが立ち上げたブランド「OUTLINE(アウトライン)」。

その記念すべき第一弾「コンプレダイバー1960」(上の写真)は、1960年代に、ジャガー・ルクルトやロンジンといった、名だたるスイスの高級時計メーカーからリリースされた傑作コンプレッサーダイバーがモチーフ。当時の雰囲気を大切にしながら、徹底的にディテールにこだわった作りが特徴だ。ブラックとネイビーの2タイプ。各150本限定。発売は2019年1月11日を予定。

現在、編集部が運営するクラウドファンディングサイト「ウオッチメーカーズ」のみで先行予約発売中。数量限定ながら定価の10%OFFのお得さに加えて、標準装備される2種類のイタリア製革ベルトにプラスして、今回特別に編集部オリジナルのナイロンベルトも購入者全員にプレゼントされる。

その受け付け終了は12月7日。今週金曜日までと残すところ数日。気になる人はぜひチェックしてほしい。

【WATCH Makers】https://watchmakers.en-jine.com/projects/outline

自動巻きムーヴメントはシチズン傘下のムーヴメント製造会社、ミヨタの上位機であるCal.9015を採用。シースルーバックからはその動きが楽しめる。

デザインはアンティークテイストで落ち着いているためジャケパンスタイルに最適だ。

経過時間を確認するための回転スケールは2時位置のボタンで操作する。時刻調整は4時位置。

受け付けは12月7日23時39分まで!

【WATCH Makers】https://watchmakers.en-jine.com/projects/outline

 

 

関連記事

  1. 大注目のスマートウォッチメーカー、ガーミンのGPSアウトドアウォッチ!…

  2. 国産時計ブランドのミナセがヨーロッパへ本格進出を開始

  3. アンダーンのマイケル・ヤン氏が新作モデルとともに来日!

  4. ケイト・スペード ニューヨークの、新作タッチスクリーンスマートウォッチ…

  5. ブライトリング ブティック 東京 リニューアルオープンを記念した限定モ…

  6. 【ロレックス】通信 No.009|約30万の価格差。GMTマスターII…

  7. 【知っておきたい腕時計の基本】機械式腕時計の駆動時間はどのくらい?

  8. コストパフォーマンス最強、1万円台のG-SHOCK(ジーショック)売れ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計