DKSHジャパンがスイスの高級時計ブランド、スピーク・マリンの取扱いを開始

スイスの伝統的なウオッチメイキングと
ブリティッシュテイストが融合した実力派

DKSHジャパンはスイスの高級時計ブランド、スピーク・マリン(SPEAKE-MARIN)との総代理店契約を締結し、2019年1月1日より同社製品の日本での取扱いを開始する。

スピーク・マリンは、イギリスの時計師ピーター・スピーク・マリン(PETER SPEAKE MARIN)によって、2002年に創業したスイスの高級時計メゾン。2015年からはすべてのムーヴメントの開発と組み立てを、スイスのラ・ショー=ド=フォンにある自社内のアトリエで行っており、そのこだわりはデザインを含む、開発設計から革新的な複雑時計の製作、ポリッシュやコート・ド・ジュネーブを含むエングレービングなどの高度な装飾にまでおよぶ。

スピーク・マリンの時計は、真円で骨太なシリンダーケース、存在感のあるラグ、ハートシェイプの針、独特なデザインの大型リューズをセットしたピカデリーケースなどが特長。そしてムーヴメントは代表的モデル“ワン&ツー(ONE&TWO)”に見られるように、COSC 認定の高精度ムーヴメントを搭載し、クラッシックスタイルのなかにモダンテイストを取り入れたオリジナリティあふれる時計作りが世界中で多くの時計ファンの支持を集めている。さらに、エクスクルーシブなタイムピースを求めるコレクターのためには、好みの装飾や機能を組み合わせたユニークピースをオーダーメイドで製作を行っている。

3D文字盤によって精密な時計製作技術を際立たせた定番コレクション

自社ムーヴメントを見せるためにスケルトン化。COSC認定の高精度搭載ムーヴメントと、完全に手作業で組み立てられた壮麗な美を強調したフラッグシップ

写真のヴァーティカル・ダブル・トゥールビヨンに代表されるように、ブランドにおける複雑高級時計作りのノウハウのすべが詰め込まれ、高度な複雑機構とアートで構成されるトップエンドのオート・オルロジェリー コレクション

 

【問い合わせ】
スピーク・マリン(DKSHジャパン)
☎︎ 03-5441-4515
スピーク・マリンの公式サイトはコチラ

関連記事

  1. リローンチで話題の“セイコー5スポーツ”。世界初にまつわるエピソード

  2. PEQUIGNET MANUFACTURE HEADLINE NEWS…

  3. モリッツ・グロスマンがレッド・ドット・デザイン賞を受賞

  4. 【オメガの2019年新作】充実の素材バリエーションを大量投入! 豊富な…

  5. “桜”をイメージした、BERING(ベーリング)の数量限定モデル

  6. コンスタンチン・チャイキン氏の手がける腕時計“ジョーカー”が日本本格上…

  7. ドイツ時計の魅力を再考する<グラスヒュッテ・オリジナル>

  8. 30周年を迎えたプロマスターから、モンベルとのコラボモデル第三弾が登場…

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計