セイコーウオッチの新たな体験型専門ショップ「セイコードリームスクエア」誕生

4フロアからなる体験型の新たな小売施設が
12月20日(木)銀座にオープン

 

新たなセイコーブランドの発信拠点として、4フロアからなる体験型の小売施設「セイコードリームスクエア」が、12月20日(木)、セイコー創業の地である銀座にオープンした。“見て、触れて、体験”できるミュージアム、ショールーム、エンターテインメント機能に加え、“おもてなしの場”として、銀座の中心から世界へセイコーブランドをダイレクトに発信する新たな拠点となる。

気品に満ちた大人の街として、さらに最新のハイファッション・文化に出会える場所、銀座。近年はインバウンドツーリストの急増で、日本全国だけでなく、世界に開かれた商業地としての立場を確立。その銀座の中心である4丁目にオープンする「セイコードリームスクエア」は、世界中のお客様が行き交う場と位置付ける。

銀座を訪れた人がまず目にするのは、銀座の街のランドマークであり、セイコーの歴史のシンボルのひとつ、銀座・和光の時計塔の内部空間をコンセプトとしたミュージアムだ。また、各フロアでは「ドリームスクエア」の名に相応しい洗練された演出で、セイコーの主力ブランドである「プロスペックス」「プレザージュ」「ルキア」そして「アストロン」が持つそれぞれの世界観に触れるとともに、日本の”おもてなし”の精神に根ざした買物体験を楽しむことができる。

「セイコードリームスクエア」の誕生で、セイコーウオッチの銀座での展開は高価格帯の充実した「和光本館」(4丁目交差点)と「セイコープレミアムブティック 銀座」(7丁目)、グローバルブランドを幅広く揃える「セイコーブティック」(GINZA SIX 5F)と合わせ4拠点体制となる。こうしたなか、「セイコードリームスクエア」では、1881年創業である、セイコーの時計づくりのヘリテージを訴求するとともに、上記4ブランドをグローバルに展開させる拠点として機能させる考えだという。“時代とハートを動かす”セイコーが、銀座という街が持つ魅力を活用してブランド認知を幅広く世界中に浸透させ、新たな顧客層開拓に取り組む。

 

1F、セイコーサテライトミュージアムの様子

2F、プロスペックスフロア

3F、ルキア・プレザージュフロア(写真はプレザージュ)

4F、アストロンフロア

 

【セイコードリームスクエア概要】
所在地  〒104-0061 東京都中央区銀座4-4-10
開店日  2018年12月20日(木)
営業時間 10:30~19:00
休業日  無休(年末年始、2018年12月31日~2019年1月2日を除く)
売場面積 185 ㎡
フロア構成 1階 セイコーサテライトミュージアム
2階 プロスペックス
3階 ルキア、プレザージュ
4階 アストロン
言語対応 日本語、英語、中国語(北京語)
ウェブ https://dreamsquare.seikowatches.com/jp-ja
その他 セイコードリームスクエアで時計を購入した場合、オリジナルの風呂敷、もしくは手拭いによる特別包装サービスを提供

【問い合わせ】
セイコーウオッチお客様相談室
☎︎ 0120-061-012
セイコーウオッチの公式サイトはコチラ

関連記事

  1. DKSHジャパンがスイスの高級時計ブランド、スピーク・マリンの取扱いを…

  2. ブランド初の自社開発ムーヴメントを搭載する、ボール ウォッチの新作

  3. 本物の蝶の羽を文字盤にセットした腕時計に 新デザインのケースを採用した…

  4. アンティークウオッチ専門店“ケアーズ”がオリジナルエクステンションブレ…

  5. TAG Heuer(タグ・ホイヤー)、“モナコ”誕生50周年記念モデル…

  6. メンズ腕時計は遊べてなんぼ、いまこそ“個性派ガジェットウォッチ”に注目…

  7. ユリス・ナルダンが、現代の“ユリシーズ”、 ダン・レナルドの大西洋横断…

  8. レイモンド・ウェイルから伊勢丹新宿店メンズ館特別限定エディションが登場…

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計