明けましておめでとうございます

皆さま

明けましておめでとうございます。

「亥年」さて、今年はどんな年になるんでしょうかね。

昨年は、6月の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers(ウオッチメーカーズ)」の開設にはじまり、8月にはアンティークウオッチの専門誌「Low BEAT(ロービート)」主催によるイベント「アンティーク時計フェア in 銀座」を開催。そして、手前味噌ながら私のプライベートブランド「OUTLINE(アウトライン)」を設立するなど、三つもの新たなプロジェクトを立ち上げさせていただきました。

今年も、パワーウオッチやタイムギアなどの雑誌はもちろんのこと、それにと留まらず様々な角度から時計の魅力や楽しみ方を提案して参りたいと思っております。

本年もどうぞよろしくお願いします。

皆さまにとっても良い1年でありますように、編集部一同心よりお祈り申し上げます。

菊地 吉正 – KIKUCHI Yoshimasa

時計専門誌「パワーウオッチ」を筆頭に「ロービート」、「タイムギア」などの時計雑誌を次々に生み出す。現在、発行人兼総編集長として刊行数は年間20冊以上にのぼる。また、近年では、業界初の時計専門のクラウドファンディングサイト「WATCH Makers」を開設。さらには、アンティークウオッチのテイストを再現した自身の時計ブランド「OUTLINE(アウトライン)」のクリエイティブディレクターとしてオリジナル時計の企画・監修も手がける。

オススメ記事

  1. 「新エアキング」3つの気になること。。

  2. コンプレッサーケースを使った1960年代の潜水時計を4万円台の日本製機…

  3. 【第12回】ポストヴィンテージ時代の腕時計|ロレックスといえど無視でき…

  4. 【OUTLINEのアウトライン|no.1】 悩みに悩んだムーンフェイズ…

  5. 菊地の【ロレックス】通信 No.076|新旧サブマリーナーデイトを実機…

  6. 菊地の【ロレックス】通信 No.091| 愛好家が注目するデイトナの2…

  7. 【ロレックス】通信 No.064|オイスター デイトにもあった! 幻の…

  8. 【第6回】ポストヴィンテージ時代の腕時計|かなり個性的だったクロノグラ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計