連載記事-古典顔愛好会“エクステンションブレス編”

時代の移り変わりとともに腕時計の意匠も変化している。ここではいまではあまり見ることがなくなった古典ディテールを、あえて採用することでアンティークウオッチさながらの魅力を持ったモデルを紹介していく。

【今回のテーマ】
伸縮自在でレトロな“エクステンションブレス”
1950年代にアメリカで流行となったエクステンションブレス。引っ張るだけで伸び縮みする構造となっており、手首へのフィット感は非常に高い。が、一方で耐久性はそれほど高くない。現在のブレスレットにもエクステンション機能を備えたタイプはあるが、耐久性を重視した作りのため、いずれもひと手間が掛かり、微調整できるタイプは少ない。

懐中時計時代から踏襲される古典的表示
タイトルに“古典顔”と付けているだけに、これまでは針や文字盤といった部分に注目することが多かったが、実はブレスレットも時代によって流行のスタイルがあり、注目してみると面白い。
往年のブレスレットで有名なところでは、竹細工のような見た目からそのままずばり“バンブーブレス”や、米粒のような形状のコマを組み合わせた“ライスブレス”など様々なタイプがある。だが、いずれもいまでは見かけることはほとんどない。今回取り上げたのもそうしたひとつである“エクステンションブレス”だ。
先に挙げたブレスのように、このブレスも名前がずばり特徴を表している。つまり“伸縮する”ブレスレットなのである。またひと口にエクステンションブレスといっても様々なタイプが存在し、ここで紹介するのはミッドセンチュリー期にアメリカで流行したタイプだ。
一見すると、長方形の金属コマが並んでいるだけのようにも思えるが、実は裏面で板をクロスさせ、繋ぎ目をバネ式にして連結させることで、引っ張れば伸びる構造となっている。そのため手首へのフィット感が抜群に高いというのが大きな特徴だ。ただこのエクステンションブレスにも欠点がなかったわけではなかった。ひとつが長く使っているとバネが伸びてしまい、伸縮しなくなってしまうこと。そしてもうひとつが、毛が挟まりやすいこと(笑)である。このブレスがいま現在、ほとんど見かけないのは後者の理由では? と考えてしまうのは筆者だけだろうか。
このように、華奢で、デザイン性に富んだブレスがいまやほとんど見られなくなったのには、別の理由もある。1960年以降、スポーツウオッチという新たなジャンルが台頭し、次第にブレスレットにも耐久性が求められるようになったためだ。現在、こうしたブレスを単体で手に入れられる機会は残念ながら少ないが、もし見つけたらぜひ付け換えにチャレンジして欲しい。とりわけドレス系モデルとの相性の良さは折り紙付きである。

》ブレスレットが異なると雰囲気はこうも違う
K-1
左:メッシュタイプ
右:コマタイプ
1960年代以降、スポーツウオッチが台頭したことで、ブレスレットもアクティブに使える耐久性重視のものが増えた。現在、ブレスレットのほとんどが無垢コマを連結したタイプで、ほかには金属を編み込んだメッシュタイプなどがある。

》Recommend Model 01
VAGUE WATCH CO.(ヴァーグ ウォッチ カンパニー)
クッション 12 エクステンションベルト
K-3
■Ref.CO-L-012-SS-E B。ステンレススチールケース&ブレス。ケースサイズ32㎜。5気圧防水。3万240円

【問い合わせ先】
ヨシダトレードカンパニー(☎03-5774-9042)

 

》Recommend Model 02
MARCH(マーチ)
セブンティ
1970年代のヴィンテージウオッチから着想を得て作られたオーセンティックでクールなデザインが特徴。4時位置にリューズを配した小振りなケースに、伸び縮みするエクステンションブレスというレトロ感を醸す作り込みが随所に光る。
E-1
■Ref.SEVENTY9PEXP1S。ステンレススチールケース&ブレス。ケース径36mm。10気圧防水。クォーツ(日本製)。3万4560円

【問い合わせ先】
H゚M’S” WatchStore 表参道(☎03-6438-9321)
【<マーチ>公式サイトへ】へ

【<過去の特集記事>公式へ】へ
K-5

関連記事

  1. 大坂なおみ選手が試合で着ける腕時計、最新モデルが発売決定!

  2. ペキニエフェア開催に合わせペキニエ社CEOの来日が決定

  3. テキサス発の腕時計ブランド“JACK MASON”から日本限定モデルが…

  4. スイスの老舗ブランド“アルピナ”が手がける、スマートウオッチの新機軸

  5. ミッキー生誕90周年限定、ダミアン・ハースト製作のアートウオッチ!

  6. シンプルだけど個性的、ベルギー発の注目ブランド、“KOMONO”の新作…

  7. イギリスの時計ブランド、“NEWGATE(ニューゲート)”が待望の日本…

  8. セイコー プロスペックスから“ランドマスター”25周年記念モデルが登場…

ロレックス

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計