モンブランが新作「モンブラン スターレガシー メタモルフォシス リミテッドエディション8」を発表

 

 

2019年1月14日から17日までスイスのジュネーブにて開催されたSIHH 2019にて、モンブランが、限定生産8点の新作「モンブラン スターレガシー メタモルフォシス リミテッドエディション8」を発表した。

モンブラン スターレガシー メタモルフォシス リミテッドエディション8
23万ユーロ(時価)
2019年発売(発売月未定)

 

モンブランが2006年に吸収した、伝説的マニュファクチュール「ミネルバ」は、およそ160年前の1858年に創業。ミネルバは、その精確極まりない計時装置により、創業当初から国際的評価を得て、瞬く間にプロ仕様の懐中時計やストップウォッチのリーディングカンパニーに登りつめた。時計ファンの間で伝説となっている名門ブランドだが、いまはモンブランのウオッチコレクションとして、その高度な審美性、精確で独自の美しさを持つムーヴメントを堪能することができる。

2010年、5年間の調査と技術開発を経て、モンブランは、ふたつの異なる“顔”を持つ希少なタイムピース「メタモルフォシス」を発表。そして2019年、SIHHにおいて、モンブランはモンブラン スターレガシー プロダクトラインのなかに、新たなメタモルフォシスの精神をよみがえらせた。この超絶な複雑機構を持つタイムピースは、718もの部品で構成されており、時間の流れと天空の星の動きを美しく表現。モンブラン スターレガシー メタモルフォシス リミテッドエディション8は、サファイアクリスタルのブリッジを持つ特許取得のエグゾトゥールビヨンを搭載し、さらに北半球を巡るリアルな月を、立体的なアヴェンチュリンディスク上に表示する。

ミネルバの160年を超える大いなる遺産に敬意を表しながら、その歴史に新たな一歩を踏み出すべく、この新メタモルフォシスは開発された。この革新的な時計は、モンブランの技術者と時計師が完全自社開発により製作したもので、文字通り、瞬時に異なる表情に“変身”するものとなっている。キャリバーも、もちろん完全自社開発のMB M67.60で開発に3年の歳月を要した。この“変身”の複雑きわまりないメカニズムは、文字盤にコネクトしたケースサイドのレバーをスライドさせることで始まる(ミニッツリピーターと相似した機構)。このレバーで開閉可能な可動式シャッターが開いたり閉じたりすることで“変身”が瞬時に行われ、時間と地球と月の動きを楽しむためのさまざまな方法を提供する。


■第一の「顔」

6時位置のシャッターが閉じた状態のときには、24時間スケールとデイ&ナイト表示に囲まれたドーム型の北半球が回転しながらワールドタイムを表示。12時位置では、青みがかったヒゲゼンマイと18本のチラネジを備えたロジウムコーティングされたバランスホイールが、古式ゆかしい1時間あたり1万8000振動で鼓動し、スチールの秒針が青いトゥールビヨンケージに取り付けられる。


■第二の「顔」

シャッターが開くと、12時位置にはエグゾトゥールビヨンの全容が太陽のようにせり上がってくる。バランスホイールをケージの外側に配置できる構造(この構造が特許取得済み)のおかげで、そのダイナミックな変身ぶりが実現可能なものとなった。エグゾトゥールビヨンは、サファイアクリスタルブリッジによって固定され、 エグゾトゥールビヨンの周りには、日付け数字を窓で表示するジャンピングデイトディスクが取り付けられている。6時位置のシャッターが開かれると、地球から見上げたときの空での月の精確な位置を表示する新機構を表示。立体的に作られた月のパーツは地球の周りを常に回転し、月は星空のようにきらめくアベンチュリンを背景にして表示する。この新機軸ムーンフェイズは非常に正確で、122年ごとに1回調整すれば常に正確な月の位置を示し続ける。

■数多くの部品が支える「変身」

変身過程は、スライドシャッターを両方向に動かす複雑な制御装置によって成立している。320以上の部品が関与しながら同時に動かなければならず、さらにエグゾトゥールビヨンにも100を超える部品が使われている。シャッター、北半球儀、月とアベンチュリンのディスクなども合わせ、トータルで718もの部品が結集。このタイムピースの洗練された美を紡ぎだしている。また、どちらの「顔」に現れる、そのすべての機能を恒久的に保持する技術力は、ミネルバの衣鉢を継ぐモンブランが誇るべきこと。時、分、秒、ワールドタイム、そしてムーンフェイズは、隠された状態でも正確に動き続ける。

■シンプルな操作性

時計のセッティングが非常にシンプルなのも特徴で、北半球儀のホームタイムは、ゼロポジション(これで日付けも回転)でリューズを使ってセット。一方、ローカルタイムはリューズの内側にセットされたプッシャーを使って調整。リューズを一度引き出して(第一ポジション)回転させると、すべての表示が連動して動く。日付け(ローカルタイムに連動)は2時位置のコレクターを押せば調整可能で、4時位置のコレクターではムーンフェイズを調整できる。

 

 

【問い合わせ】

モンブラン コンタクトセンター
☎︎ 0120-39-4810/月~金(祝祭日を除く)午前11時~午後7時
モンブランの公式サイトはコチラ

関連記事

  1. CITIZEN(シチズン)が大坂なおみ選手試合着用第4弾モデルを発売

  2. エドックスの新作モデル、クロノオフショア1は暗い海底に射す光をインデッ…

  3. パリ発、“アレットブラン”からマザーオブパールを使用した初夏の新作をお…

  4. フェラガモの人気モデル、F-80が新デザインで復活

  5. テキサス発の腕時計ブランド“JACK MASON”から日本限定モデルが…

  6. 見どころが満載! クドケの自社ムーヴ

  7. Knot(ノット)から、777年の伝統と技術が詰め込まれた“博多織ベル…

  8. PRO TREK(プロトレック)初! クワッドセンサーとスマートフォン…

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計