ローラー式腕時計“フューチャーファンク”に遊びゴコロあふれる新作登場

車のアナログ距離メーターのようにローラーを縦に回転させることによって時刻を表示することができる、クォーツ腕時計としては画期的なムーヴメントを内蔵したローラー式腕時計の最新作FF103シリーズが発売!

ワールドタイマー風のデザインがポイント

最近、デザインウオッチの世界でにわかに勢力を拡大しているレトロデザインの腕時計。1970年代に流行した回転ディスク式の時刻表示を現代的にブラッシュアップしたモデルや、当時、多くのブランドで採用されたオーバル(卵形)ケースを採用したモデルがいくつかのブランドからリリースされているのだが、そんな中で、異色の存在感を発揮しているのが、このフューチャーファンクというブランド。
ロゼモン、FHBクラシック、ゼノウォッチバーゼルなどを日本市場に送り出してきたピークスが手がけるハウスブランドなのだが、実はブランドとしての歴史は古く、1970年代に当時流行していたスペースエイジデザインの時計を発売したという、なかなかマニアックなバックグラウンドを持っている。
ながらくの休眠状態から2018年に復活を果たしたわけだが、その復活に際して満を持してリリースされたのがこのモデル。74年にバーゼルワールドで発表されたという幻のローラー式アナログデジタル時計や、当時の車のスピードメーターにオマージュを捧げてデザインされており、特許申請中の新開発ムーヴメントにより、縦回転するローラーによる時刻表示を実現しているのだ。
今回、クローズアップするのは、この現代の最新技術により蘇ったローラー式腕時計に “ワールドタイマー風”のデザインをプラスした新作。そう、あくまでも“ワールドタイマー風” 。
F-5
飛行機のアナログ計器をイメージした、遊びゴコロあふれる文字盤デザインが特徴となっており、文字盤外周には世界の都市名をレイアウト。着けていると、一見、ワールドタイマー機能を搭載した時計に見える、けど実は違う、というヒネリの効いたデザインにニヤリとさせられる。
コンセプトは遊び感満点だが、ケースとメタルバンドにはヘアライン加工が施されており、金属の質感を感じられるマットな仕上がりも上々。
ワールドタイマー風、というコンセプトを含めて、普段使いできる大人の遊び時計を探している人に、ぜひおすすめしたいモデルとなっている。

》Recommend Model 01
FUTURE FUNK (フューチャーファンク)
FF103シリーズ
F-C
■ステンレススチールケース&ブレス。ケースサイズ43×43mm。3気圧防水。クォーツ。

F-2
シルバーカラー、1万5984円

F-3
ブラックカラー、1万8144円

 

》【FUTURE FUNK デモモード】
FUTURE FUNK(フューチャーファンンク)の各モデルには、ローラー式時間表示機構のデモモードが搭載されている。ケース右上のボタンを押すと、ローラーが3周回る様子を楽しめるのだ。動画もアップされているのでチェックしてみよう。
F-8

【問い合わせ先】
ピークス(☎03-5778-3260)
【<フューチャーファンク>のオンラインショップへ】へ
【<フューチャーファンク>の過去記事へ】へ
F-T

オススメ記事

  1. 10周年を迎えた“エンジェルクローバー”から、トノー型のソーラー時計が…

  2. アーバンカモフラージュを取り入れた新作が ビクトリノックスから限定モデ…

  3. 新作時計を価格別に紹介!【100万円オーバー】

  4. 【ルイ・エラールとアラン・シルベスタインがコラボ!】ショップ限定モデル…

  5. 桜舞う春の新作ウオッチを携えて、オリビア・バートンの限定ショップがオー…

  6. 新米記者が見つけた! 10万円アンダーのユニーク腕時計、第2回“TAC…

  7. FUTURE FUNK-70年代のローラー型デジタル時計が原点の個性派…

  8. ハンハルトのパイオニアシリーズ最新作

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計