日本未上陸ブランドファイル-03:ニューヨーク発の新鋭、BREW(ブリュー)

日本未上陸の魅力的な時計ブランドをクローズアップする連載コラム。第三弾はアメリカ、ニューヨーク発の注目ブランド、“BREW(ブリュー)”。レトロなクッションケースを採用したクロノグラフが魅力的だ!

カフェをコンセプトにした独創的なコレクションを展開

2015年にアメリカ・ニューヨークで誕生したユニークな時計ブランド、ブリュー。創設者のジョナサン・フェラー氏は、ニューヨーク・マンハッタンにあるラン・レナー デザインで3Dプロトタイピングを手掛けた後、モバードやライセンスウオッチを手掛けるメーカーでウオッチデザイナーとしての経験を積んだ若手インダストリアルデザイナーだ。
カフェでリラックスしていたときにプロジェクトのアイディアが浮かんだというブリュー。ブランド名も“コーヒーを入れる”という意味のブリューから取ったものだ。さらにコレクションのデザインモチーフとなっているのは、何とカフェで使用されるエスプレッソマシン。エスプレッソマシンが持つメカニカルかつメタリックな質感、どこか暖かみを感じさせる丸みを帯びたディテールを時計のデザインとして落とし込み、エスプレッソマシンから様々なイマジネーションを膨らませ、腕時計のコンセプトとして練り上げている。
新作のレトログラフは、一見すると、アンティークウオッチなどに見られる角形クロノグラフのリバイバルのようにも見えるが、実はエスプレッソマシンから着想を得たコンセプトがしっかりと盛り込まれている。

》Recommend Model
BREW(ブリュー)
レトログラフ
1930年代初頭、経過時間を計測するクロノグラフのなかには通話時間の計測に適したテレフォンタイマーなど、特別な用途を持つものがあった。
レトログラフはそんな当時の特殊なクロノグラフに着想を得たモデルで、25~35秒と言われるエスプレッソショットの最適な抽出時間の計測に適したスケールを装備。35秒までの目盛りが細かく、抽出時間をより精密に計測することができる。
B-8a
■ステンレススチールケース、レザーストラップ。ケースサイズ41.5×38mm。5気圧防水。メカクォーツ(日本製)。各350ドル(日本円で約3万8850円)

B-3
REMINGTON(レミントン)

B-5
COBALT(コバルト)

B-8
OXFORD(オックスフォード)

【問い合わせ先】
BREW WATCH CO.(https://www.brew-watches.com)
【<ブリュー>の公式サイト】へ
【<“未上陸ブランド”の過去記事】へ
B-1

関連記事

  1. お手頃だけど、これなら大満足! 予算20万円台アンダーの実力時計本気レ…

  2. ビジネススタイルを格上げする、“シチズン アテッサ”の限定モデル

  3. ティソ日本初のコンセプトストアが東京・ 代官山に、2月14日グランドオ…

  4. A.ランゲ&ゾーネのトゥールビヨンモデルに特別エディションが…

  5. 連載記事-時計デザインの原点を辿る、古典顔愛好会“ドーム形風防編”

  6. 2017 ROTARY新作フェアが開催

  7. シチズンから、80年代にヒットしたアナログとデジタル混合モデルが復活!…

  8. ブレイク必至、シンプルデザインのスマートウオッチ、“クロナビー”

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計