80年代に大ヒットした“クラブ・ラ・メール”が35周年記念の限定モデルを販売!

コストパフォーマンスに優れたコレクションを展開し、機械式時計の入門機としても幅広い層から支持を集めるシチズンの時計ブランド、“CLUB LA MER(クラブ・ラ・メール)”より、ブランド誕生35周年を記念した限定モデルが5月中旬に数量限定で発売!

いぶし仕上げを採用することで1 本1 本が異なる表情を持つケースに注目

 フランス語で“海(ラ・メール)”を意味する“CLUB LA MER(クラブ・ラ・メール)”は、1984年に誕生した日本発のウオッチブランドだ。ブランドコンセプトは“手の届く機械式時計”。丁寧に仕上げた文字盤やケースに加え、信頼性の高い日本製ムーヴメントを搭載しながらも、手の届きやすい2万円~3万円台の価格帯でコレクションを構成し、機械式時計のエントリーブランドとして幅広いユーザーから支持を獲得している。

 今回コレクションに加わるのは、“CLUB LA MER(クラブ・ラ・メール)””の誕生35周年を記念した限定数量500本の特別モデル。

 ブランドアイデンティティであるトラッドデザインを踏襲しつつ、35周年記念モデルの特別仕様として、インデックス、針などはブラックで統一。35年の歳月を表現するためにケースにいぶし仕上げを採用することで、1本1本が異なる表情を持つ特別なモデルに仕上がった。

 ムーヴメントの繊細な動きも楽しむことが出来るオープンハートのデザインを採用し、時計本来の面白さや魅力を訴求しているのも大きな魅力といえるだろう。

》トラッドな雰囲気の中に、シンプルモダンのエッセンスを取り入れたケースがポイント

C-3
 “CLUB LA MER(クラブ・ラ・メール)”の世界観を象徴する“海”をテーマに、大航海時代に活躍したマリンクロノメーターをイメージしてデザイン。
男女問わず使用できる38mmのケースにはいぶし仕上げを採用し、1本1本が異なる表情に仕上げた。35年という歳月を表現した限定モデルにふさわしい仕様といえるだろう。

 文字盤のブランドロゴ下には限定モデルの特別なデザインとして、ブランドモットー“Noli Metuere(恐れるなかれ/ラテン語)”をプリントしている。

C-1a
 裏ブタには、シースルーバックを採用。“CLUB LA MER”とプリントされたローターなど機械式ならではのムーヴメントの動きが楽しめる。

C-C
 グラデーションが美しいサンレイパターンは、インデックスとのバランスを考慮し、モデルごとに仕上げを変えることで、アンティーク感と視認性を両立。
7時位置に“テンプ”と呼ばれるムーヴメントパーツの動きを楽しむ為の小窓を設けている。

 

》Recommend Model
CLUB LA MER(クラブ・ラ・メール)
35th Anniversary Limited Model
■ステンレスケース&ストラップ(カーフ)。ケース径38mm。厚さ11mm。3気圧防水。自動巻き(キャリバー8229、日差-20~+40秒)。数量限定各500本。(2019年5月中旬発売予定)

C-A
》Ref. BJ7-077-32。3万2400円

C-B
》Ref. BJ7-077-30。3万2400円

【問い合わせ先】
シチズン公式サイト
https://citizen.jp/

CLUB LA MER オフィシャルサイト
http://club-la-mer.jp/

関連記事

  1. ロレックスGMTマスターⅡのスチールに青赤ベゼル登場

  2. 【新作速報】モーリス・ラクロアの新作アイコン オートマティック ブラッ…

  3. ミリタリー好き必見、ジョージア軍正式採用の腕時計が発売

  4. この春の狙い目、完売必至なアイスウォッチの日本限定コレクション

  5. ニクソン発! 元特殊部隊のメンバーと開発したタフなデジタルウォッチ

  6. スマートウォッチ最新研究-【Part-1:スマートウォッチの基礎知識】…

  7. 夏にピッタリ、スウェーデンの時計ブランド“VOID WATCHES(ヴ…

  8. 日本市場へ本格導入が決定!フレコンのスマートウオッチ

ロレックス

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計