RADO(ラドー)の“キャプテンクック”に2019年復刻版が登場

現代の“時の旅人”を飾るヴィンテージルック
 RADO(ラドー)から、2019年復刻版キャプテン クック オートマティック リミテッド エディションが発表された。


 オリジナルのキャプテンクックが生産されていたのは、1962年から1968年頃のこと。そのコンパクトなデザインと際立つ特徴で有名となり、2017年にオリジナルにほぼ忠実な形でキャプテンクックはラドーのコレクションに復活した。

 自分好みのスタイルに変えたいという、現代的な嗜好を本物のヴィンテージスタイルと調和させた2019年モデルの新しいキャプテンクックは、追加のストラップが選べる耐摩耗性のレザートラベルポーチ付きで発売。ストラップはブラウンのヴィンテージルック レザーストラップのほか、繊細に編まれたミラネーゼのステンレススチールブレスレットまたは高耐久性のNATOストラップに交換できる。

 37㎜のステンレススチールケースはオリジナルと同じサイズで、1960年代のオリジナルモデルと同じように3つのタツノオトシゴの刻印がステンレススチールケースバックに施されている。
 ダイバースタイルの回転ベゼル、レッドのデイトカレンダー、独特の剣と矢の形の針をはじめとして人気のオリジナルキャプテンクックの特徴が、忠実に再現された2019年モデル。

 ベゼルに使用されたハイテクセラミックスには耐傷性が加えられたほか、文字盤にはサファイアクリスタルを採用するなど最新の素材を活用。さらに最新の自動巻ムーヴメントは最大で80時間という、1962年には想像もできなかったような長時間パワーリザーブ機能を実現した。

 繊細なカラーの配色でキャプテンクック オートマティックはあらゆるシチュエーションにスムーズに溶け込んでいる。
 さらに37㎜のケースは特別目立たないものの、身に着ける人の個性を力強く表現するだろう。新しいラドーキャプテンクック オートマティックは、現代の“時の旅人”に完璧なヴィンテージルックを与えてくれる。

ラドーについて
 ラドーは、革新的なデザインと画期的な素材の使用により、世界で最も耐久性の高い時計を製造することで知られる世界的ブランド。スイスのレングナウでの創業以来“想像することができれば、それを作り出すことは可能だ”というブランド哲学によって、開拓者精神を示してきた。

Rado Captain Cook Automatic 1962 Limited Edition
(ラドー キャプテン クック オートマティック 1962 リミテッド エディション)
トラベルケース付き
Ref.R32500315

ムーヴメント:ETA C07.611、自動巻、25 石、3針、レッドプリントのデイトカレンダー3時位置、
       最大80時間パワーリザーブ機能
ケース:ポリッシュ仕上げステンレススチール ケースブラック ハイテクセラミックス インサート、
    エングレービングおよびコーティング加工、ステンレススチール回転式ベゼルに固定
    ポリッシュ仕上げステンレススチール ケースバック、3つのタツノオトシゴの刻印付き
    ポリッシュ仕上げステンレススチール クラウン
    両面反射防止ARコーティングのボックス型サファイアクリスタル
防水:10 bar (100m)
ケースバック:特殊エングレービング LIMITED EDITION OUT OF 1962
文字盤:ブラウン サンブラシ仕上げ
    ヴィンテージルックカラーのSuper-LumiNova®プリント インデックス
    ロジウムカラー 大型の動く錨のシンボル、ルビーのバックプレート付き
    Captain Cook、RadoおよびAutomaticのシルバー カラー プリント ロゴ
:ロジウムカラー、ヴィンテージルックカラーSuper LumiNova®
サイズ:37.0 x 40.6 x 14.3 ㎜ (WxLxH)
価格:(予価) 23万7600円
2019年4月より発売中
1962本限定。

ストラップ/ブレスレット 装着見本

ブラウン ヴィンテージルック レザー 
ステンレススチール バックル付きミラネーゼのステンレススチール ブレスレット
ステンレススチール伸縮バックル付き グリーンNATOストラップ

【問い合わせ】

ラドー 公式サイト
https://www.rado.com/int_ja

関連記事

  1. 自社ムーヴメント搭載のアイコン オートマティック スケルトンがついに発…

  2. バーゼルワールド2018<ノモス>

  3. 希少なDUFA(ドゥッファ)の日本未発売モデルを、期間限定で特別販売

  4. 国内初! ORIS(オリス)ブティックが銀座4丁目にオープン

  5. ムーンライト表示を備えたハンティングクロノグラフが登場

  6. 日本未上陸ブランドファイル-02:電撃復活を果たした、IKEPOD(ア…

  7. 70年代の“ローラー型アナログデジタル時計”がモダンなスタイルで復活!…

  8. パリのエスプリを効かせたカミーユ・フォルネの新作

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計