MIDO(ミドー)のバロンチェッリから、スレート風パターンの文字盤が美しい新作が登場

MIDO(ミドー)のバロンチェッリシリーズから新作、バロンチェッリ キャリバー80 クロノメーター シリコンが登場。上品さと正確さを兼ね備えたデザインが魅力だ。

特徴はスレート風パターンが施された文字盤。チャコールダイアルに採用された、インデックスと針を飾るローズゴールドPVD加工のあたたかい色合いは、ポリッシュ加工されたステンレススチールケースの洗練されたデザインとマッチする。

M027.408.16.061.00

 ムーヴメントは、最大80時間のパワーリザーブを実現するキャリバー80を採用。標準的なヒゲゼンマイより優れた耐磁性を持つ、シリコン製ヒゲゼンマイを使用したCOSC認定クロノメーターである。さらに耐衝撃性を備えるなど、ミドーの専門知識を十分に示すキャリバーだ。

ミドーは、タイムレスなデザイン、高品質な素材、技術革新という、一世紀にわたって形成されたDNAを守り続け、2018年に100周年を迎えた。

■ミドーについて
 ジョージ ・シャレンは1918年11月11日、第一次世界大戦の休戦協定が結ばれた日にミドーを設立。この象徴的な日からミドーは、創業者の明確なビジョンに支えられてきた。そして2018年、タイムレスなデザイン、質の高い素材、技術革新という、一世紀にわたって形成されたミドーのDNAを守り続け、100周年を迎えた。
今日、ミドーはスイス・ジュラ渓谷の麓、ル ロックルに本拠地を構え、現在2700の正規店舗にて70か国で展開。ウォッチメーカーの世界的なリーダーであるスウォッチグループの一員である。
■バロンチェッリ キャリバー 80 クロノメーター シリコン
【M027.408.16.061.00】
ケース:ケース径40㎜、厚さ9.43㎜、スレート風パターンの型押しチャコールダイヤル、ポリッシュ仕上げSSケース、
ストラップ:クロコダイル調ブラウンセミマットレザーストラップ、SS折りたたみ式留め具
キャリバー:オートマチック Mido Caliber 80 Si (ETA C07.821 ベース)、COSC認定のクロノメーター
80時間のパワーリザーブ機能
防水性:3気圧 (30 m/100ft) 防水
価格:14万5800円、発売中。
※このシリーズでは、この他3モデルを展開している

M027.408.11.031.00

 

M027.408.11.041.00

M027.408.16.031.00

【問い合わせ】

スウォッチ グループ ジャパン
ミドー事業本部
www.midowatches.com

関連記事

  1. ブランド初の自社開発ムーヴメントを搭載する、ボール ウォッチの新作

  2. 日本初上陸のブランド“ブレダ”がシンプルで使いやすいコレクションを発売…

  3. 人気のエントリーモデルにバージョンアップ仕様を投入

  4. 日本未上陸ブランドファイル-03:ニューヨーク発の新鋭、BREW(ブリ…

  5. ハブリング2のフェリックスから新作クロノグラフが登場

  6. レイモンド・ウェイルから伊勢丹新宿店メンズ館特別限定エディションが登場…

  7. セイコー プロスペックスからタウンユースに最適な新作が登場

  8. ティソ日本初のコンセプトストアが東京・ 代官山に、2月14日グランドオ…

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計