厚さ2.1㎜! 進化した世界最薄の光発電“シチズン エコ・ドライブ ワン”

 シチズンは、世界で最も薄い光発電時計※1“エコ・ドライブ ワン”より、装着感をさらに極め、わずか2.1㎜(設計値)厚のバンドを実現した3モデルを7月上旬に発売する。

 世界で最も薄い光発電ウオッチ“エコ・ドライブ ワン”は、腕時計の本質を追求するために2016年に、ケースの薄さ2.98㎜(設計値)で誕生した。
 2019年の新モデルは、装着感を更に高めるためにステンレスバンドに着目。バンドの駒一つひとつの加工精度を高めることで、従来のステンレンスバンドより0.3㎜薄い、2.1㎜(設計値)の薄型バンドを実現した。

 加えて今回は、エコ・ドライブ ワンで初めて艶のあるブラックカラーが特長の、シチズン独自の表面硬化技術“デュラテクトDLC※2”をケースとバンドに使用したモデル(AR5054-51E)をラインアップ。モデルのカラーバリエーションがさらに広がった。

 ベゼルには、“薄さ”と“強さ”の相反する要素を満たす新素材、“サーメット※3”を引き続き採用。モデルによってサーメットのカラーを使い分け、薄さを極めたデザインを引き立たせる。

■装着感アップ!2.1㎜(設計値)の薄さのステンレスバンドを実現

 従来のステンレスモデルより0.3㎜薄い2.1㎜(設計値)の薄さを実現した秘密は、バンドの加工方法の見直しにある。バンドの構造はそのままに、構成する駒一つひとつの加工精度を上げることでケース厚が0.3㎜も薄くなり、腕への密着感が増し、装着感が向上した。

■艶のあるブラックカラーが特長の表面硬化技術“デュラテクトDLC”を採用したモデルが初登場

 DLCとは一般的にも使用される硬化技術で、Diamond-Like Carbonの略。
 すりキズに強いだけでなく、触り心地が非常に滑らかなのが特長だ。シチズンのデュラテクトDLCははがれにくく耐久性にすぐれており、さらに中間素材に徹底的にこだわることで密着性が向上している。また、ブラックカラーの細部に至るまで滑らかで艶のある輝きと発色を実現している。その他、DLCの利点は以下の通りだ。

◆艶のあるブラックカラー
◆すりキズに強く、滑らかな触り心地
◆耐ニッケルアレルギーで肌にやさしい

■“エコ・ドライブ ワン”とは

 薄さたった1㎜のムーヴメントを内包する世界で最も薄い光発電ウオッチ“エコ・ドライブ ワン”は、2016年に誕生したシチズンのフラッグシップモデルだ。光発電時計の先駆者であるシチズンが、基幹技術である光発電“エコ・ドライブ※4”と加工技術を追求することで生み出された。
 また、長年取り組んできた低消費電力化により、薄さを保ちながらフル充電から12ヶ月の駆動を可能にしている。マニュファクチュールとして光発電時計の開発に40年以上継続して取り組んできたからこそ実現したエコ・ドライブ ワンは、2019年現在も進化を続けている。

【注釈】

※1 世界最薄:アナログ式光発電腕時計として。2019年5月シチズン時計調べ。
※2 デュラテクトDLC: デュラテクトはシチズン独自の硬化技術。ステンレスやチタニウムなどの金属表面硬度を高め、優れた耐摩耗性により、すりキズや、小キズから時計本体を守り、素材の輝きを長時間保つ技術の総称。デュラテクトDLCは触り心地の滑らかさと艶のある輝きが特長だ。硬さを表すビッカース硬度は1000-1400Hvを実現している。
※3 サーメット:Ceramics(セラミックス)とMetal(金属)からの造語。金属の炭化物や窒化物など硬質化合物の粉末を金属の結合剤と混合させて焼結している複合材料の呼称だ。セラミックスの特性である耐熱性や耐摩耗性、金属の特性である靱性を兼ね備えている。一般的なセラミックスよりも金属光沢を持った色調表現が可能で、ビッカース硬度は約1500Hv。
※4 エコ・ドライブ:定期的な電池交換不要の光発電時計で、シチズンの機能ブランドだ。時計で初めて“エコマーク商品”に認定された。
※5 99%クラリティ・コーティング:サファイアガラスの表裏両面にシリコン加工物を多層構造コーティングすることにより光の反射を抑え、(透過率99%)高い視認性を確保し時計の文字板を見やすくした。またキズがつきにくく、表面には汚れを防ぐ撥水膜を施し、耐久性と防汚性を向上させている。

■Ref.AR5054-51E。SS(デュラテクトDLC加工、39㎜径)。日常生活用防水。光発電エコ・ドライブ(Cal.8826)。46万4400円

■Ref.AR5055-58E。SS(デュラテクトα加工、39㎜径)。日常生活用防水。光発電エコ・ドライブ(Cal.8826)。43万2000円

 

 

■Ref.AR5050-51L。SS(デュラテクトα加工、39㎜径)。日常生活用防水。光発電エコ・ドライブ(Cal.8826)。43万2000円

【お問い合わせ】

CITIZEN(シチズン)公式サイト
https://citizen.jp/the-citizen

関連記事

  1. BALL WATCH(ボール ウォッチ)の“エンジニア ハイドロカーボ…

  2. SIHH 2019年 新作時計レポート【vol.09】H.モーザー

  3. 60年代の人気ダイバーズをモダンにブラッシュアップした“ラドー”の新作…

  4. 【バーゼル2019】アーティア史上最高の“グランドコンプリケーション”…

  5. バーゼルワールド 2018

  6. 日本市場へ本格導入が決定!フレコンのスマートウオッチ

  7. アンダー20万期待の新星。アイコン オートマティックにアンスラサイト文…

  8. イタリア生まれの老舗時計、レアンドリが日本上陸を開始

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計