カスタマイズウオッチブランド、UNDONE(アンダーン)が店舗とECを繋ぐシステムを開始

 カスタマイズウオッチブランド、UNDONE(アンダーン)を日本で展開する、UNDONE JAPAN(アンダーン・ジャパン)が、2019年6月14日(金)から6月30日(日)までの期間中、TATRAS & STRADA EST 大阪店 1F にて、ポップアップイベントを開催する。


カスタマイズパーツ

 店頭では、実際のパーツを手に取りながら選べるカスタムオーダー(約2週間で郵送)や、既製品モデルの販売を行っている。

 また、今回注目すべき大きな取り組みとして、QRコードを利用した新たな店舗ビジネスモデルを展開。店頭で購入を検討後、ネット(アンダーンの公式サイト)で購入した場合も、店舗売上げとしてシェアできる独自O2O(オンライン・ツー・オフライン)システムを導入する。

 ブランドが、独自のO2Oシステムを開発し、小売店と協働するのは非常に珍しい新たな試みと言えよう。

 店舗のショーケース化がアパレル業界の課題として認識される昨今において、ECと小売の共存の形を模索する先進的な取り組みである。

 今回、ポップアップキャンペーンとして6/14(金)~6/30(日)までの期間中、店頭でアンダーンの腕時計を購入した人にはベルトが1本プレゼントされる。

URBAN(クォーツ)カスタマイズ  :3万5640円~
AQUA(機械式)カスタマイズ   :5万7240円~
TROPICAL(クォーツ)カスタマイズ:4万1580円~
※すべて注文から2週間以内に手元に届く

【イベント概要】
日時  : 2019年6月14日(金)11時~6月30日(日)20時まで
会場  : TATRAS & STRADA EST 大阪店 1F
アクセス: 大阪府大阪市北区梅田2-4-9 BREEZE BREEZE 1F
店舗詳細: https://www.strada-est.com/user_data/osaka.php

【UNDONE(アンダーン)とは】

 2014年創業、2017年10月に日本に初上陸した、世界にひとつのオリジナル時計が作れる海外で人気のカスタマイズウオッチブランド。
 アンダーン最大の特長は、高品質・高性能でありながら、手の届く値段でオーダーメイドができることだ。数億通りの組み合わせのなかから、パーツ(ケース・ベゼル・針・文字盤・ベルト・裏ブタ)を選んだり、自分の名前やロゴの刻印が可能。オーダーメイドでありながら、約2週間で手元に届く迅速なサービスも魅力だ。

【問い合わせ】

アンダーン・ジャパン ホームページ
https://undone.co.jp

関連記事

  1. TRUME(トゥルーム)のM Collection(エムコレクション)…

  2. 日本三大和紙“土佐和紙”を文字盤に採用した“ザ・シチズン”の新作

  3. ジャンル別で探し出す、使える夏の新作時計-“スマートウオッチ”編

  4. エンポリオ アルマーニから、新しいタッチスクリーンスマートウオッチが登…

  5. スントの新作は、最長120時間連続で使える最強のスポーツウォッチ

  6. セイコープレザージュから、STAR BAR限定モデルの新作がリリース

  7. ニクソン発! 元特殊部隊のメンバーと開発したタフなデジタルウォッチ

  8. Maurice Lacroix(モーリス・ラクロア)が期間限定フェアを…

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計