予算3万円以内! 編集部:船平のカジュアル時計レビュー/70年代レトロな“ソルナ”

編集部のカジュアルウオッチ担当フナヒラが、実機を見て“コレは欲しい!”と思ったモデルを本音でレビュー。3万円以内の予算で毎週1モデルを紹介していく。第3回は“SORNA(ソルナ)”のレトロなマルチカレンダーモデルをお届けしよう。

SORNA
ソルナ

 ネームバリュー、機能性、希少性など、腕時計の魅力はいくつもあるが、なかでもメーカー、ユーザー双方にとって特別な価値を持つのが独自の歴史やバックグラウンドだろう。技術やデザイン性などは新興ブランドでも努力次第で後から獲得することができるが、歴史やバックグラウンドは一朝一夕では手に入らないからだ。

 そんな、歴史やバックグラウンドが生み出す魅力を体現しているのが、過去に作られていた時計をベースに製作される“レトロデザイン”のモデルだ。

 レトロデザインと言われても多くの人はピンとこないかもしれないが、簡単に説明すると、1960年代後半から80年代くらいにかけて作られた、近未来的で奇抜なデザインのこと。

 時計のデザインでよく使用される“クラシック”が70年代より前のドレス系の時計からインスパイアされたスタイルを示すのに対して、レトロはもう少し歴史が浅く、スポーツ系のモデルやデジタル系のカジュアルなモデルをベースにしているのが特徴。

 ひと昔前までは、その奇抜さから、玄人好みでヒネリの効いたジャンルとして認識されていたのだが、モチーフとなった70年代の時計が、誕生して約50年の月日を経たことで、その独特なデザインを再評価する動きがみられるのだ。

 今回、紹介する“SORNA(ソルナ)”も、そんなレトロデザインを採用した時計だ。
S-1c
 ソルナは1960年代にスイスで誕生した時計ブランド。高級機というよりも、手頃な価格で購入できる実用時計をメインに、当時のトレンドを取り入れた個性的なモデルを数多く製造しており、時計好きの間では、12時位置にプッシュボタンを配した“ツノクロノ(英語ではブルヘッド)”のモデルでも有名だ。

 90年代に入り一時期休眠していたが、見事に復活を遂げ、現在は70年代のヘリテージモデルを再現した復刻モデルを展開しており、ここで紹介するモデルも、70年代に製造されていたマルチカレンダーモデルの復刻版だ。

 

》デザインの印象は?
 当時、数多くのブランドが採用していたクッションケースをベースにしているが、一般的なクッションケースではなく、上部分を大きくデザインした変形ケースを採用。表面にヘアライン仕上げを施すことで流線型のフォルムや金属の重厚さが強調されており、手頃な2万円台のプライスレンジでありつつチープ感を感じさせていないのが好印象だ。
S=1
S=2
 文字盤の外周には都市名と時差を細かく記載したワールドタイム用の都市名リング、その内側に分表示のインナーベゼルを備え、文字盤には6時位置に月表示、10時位置に曜日表示の変形インダイアルを配置。要素をギュッと圧縮したデザインが、なんともいえないギミック感を醸し出し、メカ好きの物欲を刺激する。
S-1a
 ちなみに、6時位置の月表示はケース4時位置のプッシュボタン、10時位置の曜日表示はケース2時位置のプッシュボタンで操作できる。

 

》装着感は?
 サイズは、横が42mm、厚さは約13mm(私が計測)。数値だけをみると大きめに感じるかもしれないが、ラグはないため実際に着けると思っていたよりコンパクトで手首での納まりが良い。
S-3
 ケースに直接ストラップが設置された構造に加え、わずかにケースを湾曲させているためフィット感抜群だ。

 

》ベルトの作りもチェック!
S-1d
 ベルトも70年代の雰囲気を再現しており、白いステッチを入れたカーフベルトを採用。ケースに合わせてやや厚めに仕上げ、カジュアルな印象を感じさせる。時計本体とのバランスも良いが、シンプルな作りのため裏面に防汗加工はなし。夏場に使うのであれば、自前で耐水性の高いベルトと交換した方がいいかもしれない。

 

【総評】
 様々なブランドからレトロなデザインを採用したモデルがリリースされているが、デザインのユニークさはそのなかでもトップクラス。
 2 万円台と手頃な価格帯ながら、ケース、文字盤、風防、針、プッシュボタンなど、パーツの質感も良好。装着感が想像以上に良かったのも好印象だ。
 あえて、気になるところを挙げるとすれば、夜光が時分針にしかないことと、文字盤の要素が多いので時間がやや読み取りにくい点だが、これも慣れれば問題なし。レトロデザインや、ギミック感の強いデザインが好きな人には、まさに掘り出し物のモデルといえるだろう。

》Recommend Model
SORNA(ソルナ)
自動巻き腕時計復刻モデル
1970年代に流行した変形クッションケースを採用したソルナの中でも最もベーシックなモデル。
S-2
■Ref.T23766-BLUE。SS(45 mm径)。50m防水。自動巻き(手巻き機能搭載)。2万7800円

 

文◎船平卓馬(編集部)

【問い合わせ先】
グーグッズ輸入時計本舗

》SORNA(ソルナ)公式販売サイト
http://googoods.jp/shopbrand/ct524

関連記事

  1. ほかでは買えない時計が見つかる! ウオッチメーカーズ-プロジェクトニュ…

  2. 実機レビュー!何が買いなのか調べました。【予算20万円台②】

  3. 伝説的なキャリバー321が復活! 月面着陸50周年で登場する、もうひと…

  4. フランス、パリ発のアートな腕時計、“LAPS(ラプス)”がビームスで発…

  5. プレゼントにぴったり!スイス国鉄でおなじみの“MONDAINE(モンデ…

  6. ついにアンダー40mmを実現! セイコー アストロンから世界最小キャリ…

  7. 手塚治虫氏の生誕90周年記念、“ウェナリスト”の限定生産モデル

  8. 仏ジャン・ルソーが手がけるG-SHOCK用カスタムベルト

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計