FAVRE-LEUBA(ファーブル・ルーバ)の“レイダー・シースカイ”からニューモデルが登場

 20世紀半ば、歴史に翻弄され、幻の存在となってしまったファーブル・ルーバの腕時計“シースカイ”は、2016年“レイダー・シースカイ”として生まれ変わり、ブランドを代表するモデルとなった。今回、ニューカラーの“イエロー”と“オレンジ”が7月10日(水)より全国発売される。

■アンティーク市場における幻のクロノグラフ

 1969年に“シースカイ ファーストモデル”が登場し、レイダー・シースカイの歴史が始まるが、現行モデルのデザインに影響を与えた“シースカイ セカンドモデル”は1970年代に登場している。

 ファーストモデルは1969年以降、ごく僅かの時期しか生産されなかった。ムーヴメントには“バルジュー72”を搭載し、近年のオークションにおける“バルジュー72”の人気により、アンティーク時計市場において、“シースカイ ファーストモデル”は幻のモデルとなっている。

シースカイ ファーストモデル

 

 現行モデルの原点であるセカンドモデルもまた、“レトロスポーティーなクロノグラフ”として、現在、海外オークションにおいて高い人気を誇り、市場でほとんど見かけることができなくなっている。

シースカイ セカンドモデル

 

◾️幻となってしまった歴史的背景

 ファーブル・ルーバにおいては、1969年に創業家のファーブル家が、ジャガー・ルクルト等所属していた“サフィールグループ”のオーナーに就任。ジャガー・ルクルトとともに、スイス製の機械式時計が日本のクォーツ時計にとって代わられるという、困難な時代に立ち向かった。しかし、クォーツショックの影響は大きく、1978年、ファーブル家は、サフィールグループおよびファーブル・ルーバのビジネスを手放さざるを得ない状況となり、1737年より8代にわたり続いた創業家による経営に終止符を打った。

 つまり、シースカイのファーストモデル(1969年〜)やセカンドモデル(1970年代〜)は、機械式時計からクォーツ時計へと世の中のニーズが変遷する時期に作られ、会社としても創業家の経営が終焉を迎える時期のモデルであったため、製造数は多くなかった。

当時の広告。シースカイ セカンドモデル(GMT)も右下に並んでいる

 ファーブル・ルーバの歴史に話を戻すと、1978年以降は、ファーブル・ルーバブランドはベネドーム(のちにモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)傘下となるが、その後2003年に再独立を果たす。

■“レイダー・シースカイ”として生まれ変わった新モデルのさらなる進化

現行のレイダー・シースカイ

現行のレイダー・シースカイ

 

 “レイダー・シースカイ”は、スイス時計ブランド、ファーブル・ルーバの歴史を継承する代表モデルのひとつ。高い防水性(200m)とクロノグラフを両立したプロフェッショナルのための実用計器であり、2016年に発表された“レイダー・シースカイ”は、1970年代に発表された“シースカイ セカンドモデル”のデザインとスペックを継承している。その特徴は以下の通りである。

―優れた視認性を発揮する“大きなインデックスと独特の形状の長短針”
―曲線とのコントラストが美しい“14角形の風防リング”
―堅牢さの象徴である“クッションケース”
これらはすべて私達の先祖が遺してくれたデザインを受け継いだものだ。
そしてディテールを現代の技術により洗練させた。
―ラグの角度の調整による、着け心地の向上
―裏ブタの刻印(エングレービング)の向きが、ケースに対してまっすぐの位置で収まるようにすること

 つまり“レイダー・シースカイ”は、スイスにて1737年以来、脈々と連なる“ファーブル・ルーバの歴史”を体現した時計と言えよう。
 そんなブランドのアイコン的コレクションに、2019年は新色として、オレンジやイエローの文字盤と、ブラックのインダイヤルが美しいモデルが発売される。

 なお、今回発売される“レイダー・シースカイイエロー”は、2019年の日本のファーブル・ルーバ新作発表会“ブラック”において、陸のアンバサダーである東京ヤクルトスワローズの小川泰弘投手が身に着け、話題となったモデルでもある。

2019年新作発表会“ブラック”。左から三番目が“小川泰弘投手”

 

■レイダー・シースカイ イエロー スペック

SS(44㎜径)。200m防水。自動巻き(ETA 7753ベース:毎時2万8800振動/時、パワーリザーブ約40時間)。45万9000円
仕様:時間、分、スモールセコンド、クロノグラフ秒針、30分積算計、12時間積算計、デイト表示

 

SS(44㎜径)。200m防水。自動巻き(ETA 7753ベース:毎時2万8800振動/時、パワーリザーブ約40時間)。46万9800円
仕様:時間、分、スモールセコンド、クロノグラフ秒針、30分積算計、12時間積算計、デイト表示

 

■レイダー・シースカイ オレンジ スペック

SS(44㎜径)。200m防水。 自動巻き(ETA 7753ベース:毎時2万8800振動/時、パワーリザーブ約40時間)。46万9800円
仕様:時間、分、スモールセコンド、クロノグラフ秒針、30分積算計、12時間積算計、デイト表示

 

SS(44㎜径)。200m防水。自動巻き(ETA 7753ベース:毎時2万8800振動/時、パワーリザーブ約40時間)。51万3000円
仕様:時間、分、スモールセコンド、クロノグラフ秒針、30分積算計、12時間積算計、デイト表示

 

【問い合わせ】

ファーブル・ルーバ日本総代理店 スイスプライムブランズ

ファーブル・ルーバ公式サイト
http://favre-leuba.com/jp

ファーブル・ルーバ日本版サイト
https://www.gressive.jp/satellite_site/favre-leuba

オススメ記事

  1. 【予算1万円で編集部が選出】コスパ抜群、デイリーユースで使える“3針モ…

  2. BALL WATCH(ボール ウォッチ)史上初! 904LSSを使用し…

  3. MIDO(ミドー)からシリーズ60周年記念限定モデル“コマンダー ビッ…

  4. ソニーのハイブリッド型スマートウオッチ “wena wrist(ウェナ…

  5. アーティアから世界で1本だけのアーティスティックなミニッツリピーターが…

  6. バーゼルワールド2019に先駆けて発表!好きな葉で作れる世界にひとつの…

  7. これは瞬殺の予感! ドイツ屈指の時計ブランド、SINN(ジン)の原点回…

  8. コルムが本領を発揮!? アヴァンギャルドすぎるダマスカスウオッチをリリ…

人気の記事

ロレックス

国産時計

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計