世界でたった5本しかない、Romain Gauthier(ローマン・ゴティエ)のロジカル・ワンBTRが日本に上陸!

 2013年の“ジュネーブウオッチメイキンググランプリ(GPHG)”にてメンズコンプリケーション部門グランプリを受賞した腕時計“ロジカル・ワン”の限定5本のみのリミテッドエディション “ロジカル・ワン BTR”が、東京・日本橋にあるタカシマヤ ウオッチメゾンにて展示販売が開始された。

 懐中時計に使われていた古典的なフュゼチェーンを再解釈した革新的な機構を持つ腕時計“ロジカル・ワン”は、2013 年に時計界のオスカー賞とも称される“ジュネーブウオッチメイキンググランプリ”において、メンズコンプリケーション部門のグランプリに輝いた。

 今回、ロジカル・ワンのリミテッドエディションが世界限定5本で作られ、そのうちの1本、しかも最終シリアルとなる“5/5”ナンバーのモデルが、日本にて展示販売を開始する。この特別モデルは、フュゼチェーン機構はもちろん、ブルーのグラン・フー エナメル文字盤が美しく、ブラックチタンとローズゴールドの輝きが織りなすコントラストは時計愛好家にも新鮮な印象を与える。そして、ロジカル・ワンBTRは、高い加工精度と伝統的な手仕上げで施されているため、“機械式時計の進化のその先”を感じるのではないだろうか。

2013 年ジュネーブウオッチメイキンググランプリ メンズコンプリケーション部門グランプリ受賞モデルのリミテッドエディション
■ADLCTI(43mm径)。手巻き(Cal. Logical One)。5気圧防水。世界限定5本。1836万円。
■仕様
K18RG プッシュボタン式巻上げ機構(9 時位置にプッシュボタン式巻上げ機構)。K18RG サファイア・カボション付きリューズ(2 時位置に時刻合わせ用)。グラン・フー ブルーエナメル文字盤。アリゲーターベルト(スイス製ハンドメイド)。18KRG フォールディングバックル

 

リミテッドエディションの二つの特徴

吸い込まれるほど美しい“グラン・フー エナメルのブルー文字盤”
 伝統的な手作業により高温焼成されるエナメルのブルーは、深く、美しい色を醸し出す。なお、見えないところではあるが、異なる素材における熱収縮率の違いによって生じるクラックを防ぐため、18Kゴールドの文字盤地板に裏表両面にエナメルが施されている。

ブラックADLCチタンと、ローズゴールドの輝きが織りなすコントラスト
 高い加工精度が実現した“様々な曲線を有するブラックADLCチタンケース”はモダンでスポーティーな印象を与える。対をなすのが、ディテールに使われている伝統的なローズゴールド。ブルーの文字盤に浮かぶ時・分・秒針、そしてケース左側の巻き上げのためのプッシュボタンには18Kローズゴールドが使われている。
 また、同色のゴールドプレートの施されたブリッジには、ヘアライン仕上げや面取りなど、様々な仕上げが施され、美しさを演出。これらが、フュゼチェーン機構やブルーの文字盤の存在を一層引き立てている。

 ここで、ロジカル・ワンの要ともいえるフュゼチェーン機構についても説明しよう。

 

ロジカル・ワンの革新的な機構

 ロジカル・ワンの特徴として、フュゼチェーン機構、プッシュボタン式巻上げ機構、文字盤側から見えるテンプ、サファイアのインサートが組み込まれた香箱が挙げられるが、ローマン・ゴティエ氏はこれらについて、次のように述べている。

「技術者出身の私にとって、動力が変動する状態で精密機器を作動させるのは奇妙に思われました。そのため、動力を一定に保つほうが良いという前提で開発を始めたのです。」

フュゼチェーン機構とは?
 フランス語で円錐形の意味を有するフュゼは、香箱に取り付けられたコードまたはチェーンで巻き上げられる円錐形の滑車のことを指す。この機構は、主ゼンマイから供給されるトルクを一定にする働きがある。(主ゼンマイが巻き上がられた状態と、ほどけそうな状態では、供給されるトルクが変化するため)

 懐中時計の時代にもよく使われた機構だが、伝統的なフュゼチェーンには、以下の二つの問題がある。


 1. フュゼに複数回チェーンを巻きつけるため、個々のリンクを小さくする必要があり、一つひとつのリンクが脆い。
 2. チェーンは、フュゼと香箱の間を、角度を伴って動力を伝達することが多いが、これでは効率が悪く、負荷が加わる。

 そこで、彼はこれらの問題の解決策として、フュゼの代わりにスネイルカムを採用。低速で回転するスネイルカムを時分文字盤の左側(10 時位置)に配置することによって、問題を解決した。

 スネイルカムと香箱が同じレベルに配されるため、動力が常に直線状に伝達される。また、必要となるのが一列の短いチェーンのみなので、個々のリンクがより大きく頑丈にできているのだ。そしてルビーをふんだんに使用したチェーンリンクを採用し、金属に接する部分の摩擦を低減することに成功した。


人間工学に基づくプッシュボタンによる巻上げ
 ケースの左側にあるプッシュボタンを使ったローマン・ゴティエの革新的なプッシュボタン式巻上げ機構は、巻上げを楽な作業へと変えた。一般的に時計のリューズは比較的壊れやすい細い軸を持ち、リューズと香箱の間で動力を90°の角度で伝えなければならなかったが、ロジカル・ワンのプッシュボタンは、動力を同じ平面上で香箱に伝え、巻き上げの力を効率よく伝えることができるのだ。


摩擦を低減するサファイアのインサートが組み込まれた香箱
 従来の真ちゅう製の香箱では主ゼンマイが巻き戻る際、潤滑油を差したばかりでも、ゼンマイの金属によって香箱の金属が擦られ、また、時間とともにオイルが凝結すると摩擦は大きくなり、香箱とゼンマイがくっ付いてしまい、本来のスムーズな回転ができなくなる。

 そこでロジカル・ワンでは、金属との摩擦が少ないという特性を持つサファイアを2枚の人工サファイアプレートの間に主ゼンマイを置くことで、キズを付きにくくさせた。

 

手作業による優れた仕上げを証明する内側の鋭い面取り

 内側に鋭い面取りを行うことのできる機械はいまも存在せず、ロジカル・ワンのムーヴメントのブリッジに施された高度に研磨された内側の鋭い面取りは、手作業による優れた仕上げを証明するものだ。

 内側の鋭い面取りを二重に施すことで、縁取りのような効果を演出した。平行な二つの面取りを施したこの仕上げは、名画を収める “額縁”が果たす役割と似た効果があり、内側にある芸術作品をさらに美しく引き立てている。


 例えば、写真のテンプのブリッジ(右側写真の円で囲まれた部分)だけでも手作業による仕上げに約15 時間も費やし、コンスタントフォース機構のブリッジ(左側写真の円で囲まれた部分)は約17時間費やす。その工程には手で面を削り出して磨く作業、受け石を置くほぞ穴を手で磨く作業や、フラット部分にフロスティングを施す作業が含まれる。しかし、これは一つのパーツに過ぎない。ロジカル・ワンは約350の部品が幾種の金属で構成され、そのすべてで一切妥協なく作り上げられている。

 

■取扱店舗
タカシマヤ ウオッチメゾン 東京・日本橋
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-8
営業時間10:30〜19:30
http://watch.takashimaya.co.jp/?site=tokyo

 

<ローマン・ゴティエについて>
 ローマン・ゴティエは2005年に創業したスイス・ジュウ渓谷の高級時計ブランド。創業者であるローマン・ゴティエはスイス高級時計産業発祥の地であるジュウ渓谷の伝統的な時計作りの継承者であり、同時にエンジニアのバックグラウンドを活かした理論的なアプローチを伝統的な時計作りと組み合わせることで、世界の時計愛好家から高い評価を得ている。2013年にはジュネーブウオッチメイキンググランプリのベストメンズコンプリケーション賞グランプリを受賞した。すべての時計はムーヴメントも含めてローマン・ゴティエ本人が設計し、彼の指揮の下、自社工房にて仕上げまで行われ、極めて高いレベルの仕上げを有するのが特徴。ローマン・ゴティエの年間生産本数は約60本のみ。

 

【問い合わせ先】

スイスプライムブランズ

ローマン・ゴティエ 公式サイト
https://www.romaingauthier.com

関連記事

  1. クロノグラフに見えますが、実はこれ二つの時間を表示するGMTウオッチな…

  2. “CREUX AUTOMATIQ(クリュ オートマチック)”より新コレ…

  3. 豪華グランピング宿泊券が当たるキャンペーンも同時開催!“ORIENT …

  4. 新米記者が見つけた! 10万円アンダーのユニーク腕時計、第3回“ice…

  5. 【レイモンド・ウェイル新作2本】ビートルズコラボモデルとボブ・マーリー…

  6. ルーツのフランクフルトへのオマージュを込めた新作

  7. 夏らしいネオンカラーがインパクト抜群な、“SKAGEN(スカーゲン)”…

  8. 暗闇で光るのは文字盤だけじゃない! “JEAN ROUSSEAU(ジャ…

人気の記事

ロレックス

スマートウォッチ

ドイツ時計

カジュアル時計

アンティーク時計

レディース時計